2017.09.14

『ざんねんないきもの事典』

Photo_5

今泉忠明監修『続ざんねんないきもの事典』高橋書店、発行年は記載なし、児童書。

生き物は自然界で生き残るために進化をしていますので、こうなりたいと思ってもその通りに進化しませ。ですから、私が頭がよくなりたいと願っていても、残念ながら、その通りに進化するのは望めないです
例えばラッコの場合、あおむけになって貝を石に打ちつけて殻を割り、実を食べるのですが、この石はお気に入りのを持っています。万が一なくした時は、お気に入りを見つけるまでご飯は食べられませ。ご飯が食べられない時期があっても生きて行けます。
かむ力の強いワニですが、口を開ける力は弱いので、おじいちゃでも片手で抑え込めるです。少ない握力でワニに勝てるのですから、大丈夫。
リスは越冬のためにドングリを埋めますが、残念なことにその半数はどこに埋めたか分からなくなるのです。半分忘れても生きて行けます。
このように、ちょっと残念な生き物の話を多数読でいると、なぜか生きて行くのに自信がつくのです。
ゴリラの会話「ゴホッ、ゴホッ」ってゲップなんだって!ということは、ゴリラと会話ができるK大総長はゲップの達人って事かしら?
ざんねんないきもの」は株式会社高橋書店の登録商標ですので、利用の際は十分気を付けて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『のほほん解剖生理学』

Photo_4

玉先生『のほほん解剖生理学』株式会社永岡書店、発行年の記載なし。

どんなふうに作られているかが解剖学で、どんなふうに働いているかが生理学です。この本は解剖生理学を大阪のノリで面白く、ザックリと解説しています。
例えばホルモンの冒頭は「体へ指示する物質がホルモンな。あの肉とかのホルモンは「捨てる事=放るもん」から来てて違うんやで!英語の「hormone」説もある!」という具合です。
頭蓋骨はいくつもの骨がくっついて出来ているから、「頭痛の時、頭が割れるように痛いって言うけど、本当に割れてるねん」と、こんな具合に解説がついています。
頸椎の数は人間とキリンは同じで7個とか雑学も交えながら、カラーの図解で説明しています。
苦手な医系ですが、ハードルが低くなる本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『水を石油に変える人』

Photo_3

山本一生『石油に変える人』文芸春秋、2017年。

海軍に石油に変える技術を売り込んだ人がいた。インチキだと反対する人がいる中、山本五十六は違っていた。山本らの立会いの下で実験が行われインチキだと分かったので、副題が「山本五十六、不覚の瞬間」。
この技術を開発した人の名は本多維富で詐欺師。それまで「藁から真綿(絹)」、陸軍に売り込んだ「海からガソリン」の2件は詐欺罪で裁判にかけられたが、詐欺だと証明が出来ずに無罪になった。
支那事変が勃発し、物不足で統制がはじまり、その中にガソリンも含まれていた。...
そのような中、新聞には「廃油からガソリン」「魚油からガソリン」「草からガソリン」の記事が載るようになり、詐欺師には追い風が吹いた。
本多には政治の黒幕や霊感の強い人等が近づいてきた。「からガソリン」の話には東洋化成がこの話に乗った。この頃、同社は奇妙な噂が流れて株価は暴落し経営的に苦境に立たされていた。昭和13年の暮が近づいたころ、山本五十六に話を持ちかけた人が2人いた。
インチキだと反対者がいる中、山本は実験を決意。
1回目の実験は成功したが、生成されたガソリンを検査した結果、市販のものだと判明した。
2回目の実験では本多は気分が悪くなり病院へ行くと医師から止められ、実験は中止となった。
3回目の実験は山本らそうそうたる顔ぶれが集まり大臣官邸で行う予定だったが、本多が暴漢に襲われ実験が出来なくて1日目は終わった。
2日目も本多は来なかった。
3日目、本多が来て実験を行い大成功になった。からガソリンが出来たのだ。立ち会った人の中で疑問を抱いた人がガソリン生成時に使う薬瓶をスケッチしていて、成功時に瓶1本増えているのが分かり、インチキが確認できた。
「藁から真綿」同様、「からガソリン」も手品だったのだ。
このような話に、政界、財界、軍部に身を置く人が信じるのだから、事実は小説よりも奇なりとはよく言ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『もっとヘンな論文』

Photo
サンキュータツオ『もっとヘンな論文』角川書店、2017年

著者のサンキュータツオ氏は大学で日本語学を教える芸人学者。自身の研究領域の論文を読むのに疲れて、他の分野の論文を読んでいたら、面白い論文を見つけて、2年前に出版した「ヘン論文」の続編です。
始めにの最後で「断言します。論文は、笑えるものほど素晴らしい!よくぞここまでやった、と。今回も珠玉の論文をご紹介します」と書いてある通り、「プロ野球選手と結婚する方法」始め、11本の名(?)論文を紹介しています。
卒論から雑誌に掲載された論文で、著者は、論文をまじめに解説して面白く突っ込みます。
身近な事象に疑問を抱いて研究する大切さ、研究の苦しさにも触れていて、卒論や修論に取り組んでいる人にはお勧めだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『おしかくさま』

Cimg0843

谷川直子『おしかくさま』河出書房新社、2013年。

カバーの絵がATM神社なんですよ。札幌にある雪印メグミルク工場内のカツゲン神社と匹敵する面白さです。
書き出しが「パパが怪しい」なんです。
パパ、どうした?...
元高校教師のパパは、お金の神様である「おしかくさま」を信じていて、お金を持っているとジンワリ幸せを感じる女性たちの集まりに行き、色々な事を教えていたのです。おしかくさまを信じていると、お金の周りが良くなるのだそうです。信者さんたちは、金の亡者ではないから、すがすがしさを感じます。
お金は自分のために使う?それとも他者のために使う?
おなかがすいている時に、お財布の中のお金を寄付する?
関心があるのはお金?それとも他の事?
愛とお金は対局?
おしかくさま曰く、「金は鏡である。金は金と向き合うすべての人の心を映し出す」というのは本当だと思う。
お金で買えないものがあると知っていても、人々はお金に心が動かされます。
そこで、お金の清め方を紹介しますね。
全国どこにでもあるATMがお社なので、お社に行って拝みます。
ATMにお金を入れて再び拝み、入金した金額と同額を引き出します。
簡単にできますが、ATMの前で拝んでいる私を他の人が見たらどう思うか?と考えると、しないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.30

帯なし浴衣

Photo7月に気温が35度を超える日が2日間続き、暑さにめげました。
そこで、家にいる時は帯をしないで浴衣を着る方法はないものかといろいろ考えていると、友人が「こういうのがあったよ」と二部式の着物を教えてくださったのをヒントに、考えて試してみました。
ワンピースみたいで快適です。
外に出る時は半幅帯を、リボン結びにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.29

浴衣以上薄物未満

Photo_2

最近は、着物のしきたりにとらわれない着方が出てきました。
その一つが浴衣を着物風に着る事です。
着物の決まり事では夏は「薄物」といって絽や紗なのですが、浴衣をきものを着る時と同じように長襦袢の上に着用する着方が出てきました。
それで私もと思い、帽子に靴を履いて浴衣を着物風に着てみました。
靴に合うように、靴下も買いました。
自分なりの着方を色々と試しています。
楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.04

冷たい味噌汁

Photo_3北大付属図書館本館前に、おにぎり屋さんが店を出していましたので、お握り2個と味噌汁のセットを注文しました。
この味噌汁、冷たいのです。
具は白菜のキムチ、ネギ、キュウリ、豆腐です。
これがまた美味しかった。
暑い夏に冷たい味噌汁を頂こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパゲティーと味噌汁

Photo
大泉洋主演の映画『探偵はBarにいる』の「喫茶モンデ」のロケ地となった喫茶店『トップ』が5月末で閉店になるというので、映画を2本見てからトップに行きました。
ここのお店、お料理はおいしいし、まったりできるし、閉店するのが惜しまれます。
映画で大泉洋が座っていた席に案内されました。
12月に公開になる3作目にも登場するのですが、その時にはこのお店はありません。

Photo_2
注文したのはスパゲティーとコーヒーです。
そうすると、スパゲティーに味噌汁が付いてきました。
初めての組み合わせです。
ナポリタンって日本人の舌に合わせて開発したお料理なので、味噌汁が合うのかもしれません。意外な組み合わせに驚くやら、納得するやら。。。
市販のカレールーも日本人の舌に合わせて作ったカレーなので、もしかしたら味噌汁に合うかもしれないと思い、家で試してみると、これまた合うんです。
それ以来、ナポリタンやカレーライスを作る時は、味噌汁も作りっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.22

アイデェア

Photo

目が覚めた瞬間、いいアイデェアが思い浮かぶことがあります。
「あ、っそっか」と安心して再び眠りにつくと忘れているんです。
だから、枕元にメモとペンを用意しておいても、書こうと思って起き上がった瞬間忘れることもあるんです。
でも、今朝は違います。
思い浮かんでから布団の中でぬくぬくしながら、そのことについて考えていたら、忘れずに済みました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.10

インスタント・カプチーノ

Photo最近のお気に入りの飲み物は、インスタントコーヒーで作るカプチーノです。
ミキサーに、インスタントコーヒー、砂糖、冷めたお湯を入れて、10秒ほどかくはんしすると、泡立ちます。クリープを入れてかくはんすると泡が立ちませんでした。
カップにクリープ、お湯を入れて混ぜた中に、ミキサーで泡立てたコーヒーを加えて混ぜます。
もちろん、温めた牛乳もイイです。
ミキサーが無ければ、泡だて器で角が立つくらい混ぜてOKです。
コレ、結構おいしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.02

浴衣の洗濯

Photo今まで浴衣はクリーニングに出していましたが、ネット情報で洗濯機で洗えると分かりましたので、やってみました。
浴衣をたたんだ状態でネットに入れて、洗濯機を「ソフト」に設定して洗います。
脱水が終わって取り出したら、襟や刺繍の所などの気になる箇所を手でパンパンとたたいてシワを伸ばし、着物用のハンガーにかけて干します。
恐れていたチジミがなかったので、これからは洗濯機で洗うわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.31

正月飾り

Photo_2
前の家の床柱を家を解体するときに業者に頼んで取っておいてもらいましたので、横にして壁際に置いて、なんちゃって床の間を作りました。
その中央の壁に手拭いをかけて、掛け軸の代わりにしました。手拭いは季節によって変えます。
正月の飾りを帯4本で作り、手持ちのものでデコりました。
写真の右端にちょっと写っているのは、柱のでっぱりを夏用の帯、帯揚げ、帯締め、帯どめを使って飾りを作り、隠しました。竹に見立てて作った所にトンボのブローチを置きました。

「きの和装学苑」には、この様に使われていない帯で飾りを作る「結心(ゆいしん)」があり、教室に飾られているのを見て、楽しみがあるのが魅力に感じましたので、ここで着付けを習おうと思った動機の一つです。
欲しい色の帯が家にないので、帯はリサイクル店で購入しています。
来年は、車いすのラッピングをしたいので、材料を探しているのですが、なかなか気に入ったものが見つかりません。春までに見つかればいいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.15

病気による外見変化をサポート

Photo
12月14日から3日間、地下歩行空間で「クリスマスちょこっと市 幸せの仕掛け」が開催されています。
午後から「北海道医療美容研究会」が病気による外見の変化をサポートする色々な技術を伝えました。
病気になり治療をしたり手術をすると、髪の毛が抜けたり、体型が変わったり、傷跡が残ったりしと外見が変化します。
見た目って結構重要なんです。
ウィッグや帽子、メイクを工夫すれば、乗り越えられますよって提案をしている団体です。...
私たち「きの和装学苑 札幌和もーど校」も参加し、体型が変わっても着物を着られますよって伝えました。
ワタシは障害や疾患がある人に着物を着せられるようになりたくて修業をしていますので、こういうイベントがあると声がかかるんです。
買って10年以上経つけど、一度も袖を通していない黒留袖を芸者さん風に着ました。
帯は先生に結んでもらいました。
芸者さんと花嫁さんは難しいので、着付けの一番最後に教わるので、まだしていません。
先生方の着付けの技術は素晴らしいです。
見ているとホントに勉強になります。
他の人たちのコーディネートを見ているのも楽しいです。
これからの課題の一つはヘアースタイルです。自力で出来る方法を考ええなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.12

ブーツ

Photo
雪が降ってくる季節になると、冬用の草履があるのですが、足袋に着いた雪が解けて足が冷えるので、ブーツにしました。
袴をはくときはひもで編上げのブーツを履くので、それと似たようなものを買い求めました。
靴を履くときは着物を短めに着て、着物が靴に引っかからないようにします。
帽子をかぶり、角巻みたいなマントを着て、ブーツを履いていると、三度見されることもありますが、気にしません。
「あら~」と言って声をかけて下さる方もいます。
冬の寒い時期でも、着物を着て外出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.07

てぶくろ

Photo
冬に着物を着ていると、袖口から冷たい空気が入ってきて腕が冷えるんです。
その解消に良い事を思いつきました。
夏に半袖服を着た時に日よけにはく、指が出て肘の上まで来るヤツを履いてから手袋を履きます。
コレ、ホントにいいです。腕が冷えません。
持っていても夏には一度も使いませんでしたが、冬に活躍です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.25

クリスマス飾り

Photo私が着付けでお世話になっている「前結び宗家 きの和装学苑」には、使わなくなった帯や和装小物を使って飾りを作る「結心(ゆいしん)」という技術があります。
帯と帯揚げでクリスマスの飾りを作りました。
家に伊万里焼の聖家族(マリア、ヨセフ、イエス)がありますので置きました。
写真よりも実際の方が結構インパクトがあります。
クリスマスに向けて、心の準備をしましょうか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.19

第3回いっしょにね!文化祭

Photo_2障がいのある人、ない人、障がいの種類など関係なく、みんな一緒に発表をしましょうという趣旨の「いっしょにね!文化祭」が今年も10月1日(土)に開催されました。
カナダでは民族の違い、障がいのあるなし関係なく一緒に暮らしている社会で、健常者も一緒に障害者スポーツをしているのだそうです。アメリカも同様で、自分の手で車いすの後ろのタイヤを動かして自走できる人は、障がい者のうちに入らないのだそうです。日本だったら障がい者差別法の話題がありますが、アメリカではごく当たり前のことなのだそうです。
日本もみんな一緒の社会になればいいなと思い、今年は既製服に手を入れると着やすくなるよと言うファッションショーに着物を2組入れてもらいました。

一人はCIDPの患者さんで杖を使っている人で、着物をあつらえてすぐに発症したので、今回初めて着ます。着物を軽くしたかったのですが、単衣に向かない生地ですので、長襦袢を見える所だけの「なんちゃって長襦袢」にしました。
袋帯も重いのですが、手持ちのにしたいという事でしたので、そのまま使いました。足袋や草履は履かずにスニーカーにして、着物は短めにしました。
もう一人は頚椎損傷の人で人工呼吸器をしていて車いすです。
成人式のために着れるように工夫した着物をもう一度着ます。
体に巻く部分の帯、帯揚げ、帯締め、長襦袢はあらじめ着物に縫い付け、マジックテープで前を合わせるようにできていて、帯結びの方は、結んだのを前に付けます。
車いすの両側にへこ帯のような張りのある薄い帯を花のように作り、いくつも付けました。
準備をしていると私も出たくなり、白地にピンクの花柄の浴衣を着物のように着て帽子をかぶりました。

客席で見ていた人の反応は上々でしたので、障がいがあってもきものを着れるのだという事を伝えられました。

着付けの担当は、きの和装学苑札幌和モード校が担当しました。
先生方の着付けの技術は素晴らしいです。
後日、三人とも体調が良くなりましたので、楽しいことをするのは大事だなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーズリーフとクーピーペン

Photo

戦時中に発行になった新聞を読んでいます。
小さい記事以外はワードに打って印刷をしたのを読んでいます。
ノートはルーズリーフの愛用者です。
百均のもの、罫線の入っていないもの、罫線が入っているものといろいろ使ってみました。
筆記用具は長時間書いても手が痛くならないので万年筆を使っています。
百均のルーズリーフは、細字の万年筆だったらいいのですが、中細になると裏に書いた字が映るので、百均以外で買っています。
ノートにワードで書いた文章を印刷すると、罫線の間にうまく印刷ができません。ちょっとづつズレるんです。
罫線が無い白紙ので印刷をすると、書き込みをするときに字が斜めになるんです。
今までの不都合を解消したルーズリーフを見つけたのが上の写真です。
写真のフーズリーフは罫線が薄いので、線の上に印刷した時のストレスが無いし、線があるから書いても字はまっすぐですから、快適に使っています。
印刷したのを消しゴムで消せるクーピーペンシルで線を引きながら読んでいます。3色を使っていたのですが間に合わなくなり、12色入りを買いました。色はこのくらいあったほうが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.03

大震災に学ぶ Part5

Cimg0496
東日本大震災が起きてたのがきっかけとなり始まった、北海道難病連札幌支部主催で『大震災に学ぶ part5」を開催しました。今年は日本赤十字社北海道支部から指導員3人にお越しいただき、けがの時の止血方法と骨折の時の応急手当を学びました。
止血法と骨折の手当てでそれぞれ1時間、合計2時間かかる所を、1時間半でお願いしましたので、チョコットづつになりました。
こういうふうにするんですよの後は、自分たちでしてみます。一通り全部しなくて良かったかもしれません。なにせ、覚えられない。
楽しくて一時間半は、あっという間でした。
怪我した人がいる場面に出くわして、処置が出来なくても「救急車を呼んだからね」「大丈夫だよ」って救急車が来るまで、声掛けをするだけでも痛みが和らぐときがあるのだそうです。...
今年度は防災対策委員長が交代になり新人(ワタシすで)でしたので、準備が後手後手になってしまいましたが、当日を迎えられて嬉しいかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«浴衣の帯