« 素晴らしきインドネシア | トップページ | 着物の効用 »

2004.04.30

割烹着

 明治時代に入り、日本は近代化を進めていきました。家族も変りました。その過程の中で生まれたのが割烹着です。
 
 主婦のしている事は、掃除、洗濯、炊事。これって、女中さんの仕事です。女中さんは、前垂れだけの前掛けをしているので、割烹着とは形が違う。清潔感を表すのに白です。それで、主婦は女中さんと同じ仕事をしているのですが、女中さんとは違いますよと、白の割烹着が作られました。
ですから、白の割烹着は主婦のステータスを表しているのです。

 だから、今、お店で売っている割烹着は白ばかりです。普段家で着物を着ていると、割烹着があると便利なので買いに行きました。白はしみが目立つので使いたくないのですが、白しかありません。当然私の割烹着はしみだらけ。色物のを探そうとすると大変なので、染めてみるか。

ちなみに、家計簿をつけるようになったのもこの時代から。
白い割烹着を着て家計簿をつけるのが、明治時代の新しい主婦です。現代に生きる私は、白い割烹着を着てパソコンで家計簿をつけています。

・・・100年前とナンにも変ってないジャン!!

|

« 素晴らしきインドネシア | トップページ | 着物の効用 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42007/11349447

この記事へのトラックバック一覧です: 割烹着:

« 素晴らしきインドネシア | トップページ | 着物の効用 »