2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004.06.30

放蕩息子

 聖書に放蕩息子のたとえ話が出ています。
次男が父から生前贈与を受けて、家を飛び出していきますが、すっからぴんになって、その日の食べる物にも困るようになった。そこで次男は反省し、「おとうさん、雇い人の1人で良いから、家においてください」。いなくなった息子が帰ってきたと大喜びした父は、大宴会を開いた。

 何を言いたいかというと、父の喜びです。父とは神。良く帰ってきたと父が喜ぶ。それが天国だそうです。

 例え話しだから、想像の産物なのですが、 品の無い私は、次男はどこで何をしてすっからピンになったのかと、想像をたくましくしていたのですが、どうにも分からない。
 
 ヨーロッパの芸術は、聖書を題材にした物が多いのです。放蕩息子を題材にした絵画がありました。ジェイムズ・ティソ作「異国の放蕩息子」。
 この息子、日本に来て、年若い女の人をはべらかせて、芸者遊びをしていた。それだもの、すっからピンになるわ。下品な好奇心を満たしてしまった。
 19世紀末、ヨーロッパでおきたジャポニズムブーム。日本の文化がヨーロッパの絵画に影響を及ぼしている1例です。ティソは興味本位で日本を取り上げているのではないのだと主張したくて、聖書を題材にしたのです。なにせ、日本の小袖を大量に買い、それを題材に絵を書いているのですから。この頃パリでは入浴後の肌着として小袖が流行っていたそうな。

2004.06.29

日本事情

 01年にインドネシアに行った時に奨学生に会いました。日本語を勉強している男子学生が居たので、何の科目を勉強しているのか聞いてみると、「日本事情」がありました。

 結婚し、1つの家庭が出きると、長男が家を継いで親の面倒を見ていましたから、家族が続いていましたが、今では子供達が家を離れて独立し、親だけの生活になるので、家族は消滅の方向に向かっています。親だけになったのを「空の巣期」と言うのだそうです。その空の巣期が、今では短くなっているのだそうです。理由は、子供が出戻って来るから。

 就職し、経済的に独立出来るのに、親元にいる青年。アパートを借りて一人で暮らすより出費が少なくて済む。親の豊さに乗っかって、子の豊さがあるのです。こういうのを、「パラサイトシングル」と言うのだそうです。最近増えてきているんだって。

 高齢化社会を迎えた日本。…、と言う訳で、親族5世代健在ですが、老老介護にも限界があります。

ああ、我が家は日本事情。

2004.06.28

間違いと物忘れ

 たま――にするのが、例えば、マヨネーズが無いからマヨネーズを買ってきます。今度はケチャップが無くなり、買いに行くと、マヨネーズを買ってしまいます。アラ、間違えたわとまた買いに行くと、今度もマヨネーズを買ってきます。「ケチャップ、ケチャップ、ケチャップ…」と心の中で言いながら買いに行って、やっとケチャップが買えます。容器の形で覚えているから、マヨネーズとケチャップが入れ替わるのです。同じ事をシャンプーとリンスでもします。
 他の事を考えていてボーっとしていると、当然忘れます。記憶の上に他の事が覆い被さって、記憶が引き出せないのです。これは、しょっちゅうあります。これらはどちらかと言うと、エラーに属します。
 
 物忘れや、覚えられない事があり、家族があれ???と思ったら、脳梗塞やアルツハイマーの事があります。アルツハイマーは薬を服用すると、多少は改善されます。診断の難しい病気の時もあります。脳神経外科の物忘れ外来があります。

2004.06.22

血液中の酸素濃度

 テレビ番組で、酸素が足りない人たちが多いって。酸素を吸うと、視力が良くなったり、記憶力が良くなったり…。ダイエットをして痩せないって言うのも、酸素不足の時があるんだって。原因は鉄分不足らしいです。

 自分の事が心配になって来た。そこで、看護婦さんに計ってもらいました。そしたら、99%だって!優秀じゃないですか!

 なんか、すごく、自信ついて来た。もしかしたら、覚えようと思ったら、覚えられるかもしれない。ダイエットしたら、痩せられるかもしれない。

後は、努力だわ!!!

       頑張るぞ!  オーーーっ!!

2004.06.20

niftyBBFesta04

 プロパイダーはニフティーを使っています。このホームページは「さくさく作成君」ですが、8月にミンダナオに行き、9月には浜松に行くので、この機会にホームページを一新しようと思い、イベントに行ってきました。なにせ、無料の範囲で作りたいホームページ。

 「ココログ」を使ってみようかと思うのですが、何が出きるのか良く分からない。「さくさく作成君」も捨てがたいものが有るので、どちらを使おうか迷っていましたが、迷う必要が無かった。両方使えるのですから。勿論無料で!!あーーーぁ、驚いた!

 「ココログ」は整理が出来るのです。写真の1つ1つをカテゴリーごトに登録すると、左側に出てくる項目をクリックすると、抽出されて出てくるのです。写真の1枚1枚に、見た人のコメンとが付けられるし。

 ホームページ作り、結構楽しそうじゃないですか。

2004.06.19

運動会

 小学校の運動会。盛り上がりますね。楽しみですね。

 15年前と変わった所
〇運動会が近くなると、プログラムが配られるのですが、グランドと父母席や児童席を書いたプリントに、△△の競技で〇〇は、□番目の□コース。どこからスタートしてゴールはどこ、と書いてあるのです。
〇当日の朝7時に鳴っていた打ち上げ花火は、経費削減のため無くなりました。
〇低学年は午前中で終りですが、3年生以上は午後の競技があります。お弁当は父母席で皆で食べるのですが、お弁当やさんかどこかで買ったオードブルを利用している人が居ます。
〇前の競技と次の競技の間が開いていると、児童席の間に親が入ってきて、子供の写真を取っています。
〇ビデオ席が出来た。

 15年前と変らない所
〇望遠レンズをつけた一眼レフカメラを持ち、子供の動きに合わせて私が動く。自己満足の世界です。

 今使っているカメラは、自動的に焦点やピンとを合わせるのですが、シャッターを押してから、焦点を合わせ、カッシャ!ですから、子供の動きの早い運動会は都合が悪いのです。焦点を手動にして、距離と焦点を手で合わせ、シャッターを押します。
 スタートラインに立ってカッシャ!走っている時は、合わせながらカシャ!カシャ!カシャ!・・・。子供1人30枚ですわ。

2004.06.18

命に関する選択

 今までに命に関する重大な選択を迫られる場面がありました。その都度、誰か相談できる人がいて、何とか乗りきってきました。命は一番大切だと決めて、それを動かさないようにしてきましたが、それでは判断つかないこともあります。命は一番大切だけれども、大切にする為にはどうすれば良いかで迷うのです。相手の立場に立つように考えているのですが、完全に判断できるものではありません。相手が心の奥底でどうしたいと望んでいるのか、何が幸せなのかは分からない。時間を戻してやり直すなんて事も出来ないし…。相手に判断能力が無い場合はどうする?

 後悔しないように、その時々を精一杯して、人との関りをより良いものにしていけば良いかなと考えています。

命の質とは、その人らしい生き方だと思います。

酸素吸入

 肺が悪くて、常時酸素吸入が必要になると、自宅に機械を置いて酸素吸入をします。部屋の空気を機械に吸い込み、酸素だけを送り込みます。外出時は携帯用のボンベを持って行けます。送りこむ酸素の量により、何時間持つかは違いますが、最大6時間。ボンベは金属ではないので、思ったより軽いです。医薬品に入るので、費用は患者からレンタルの会社に払わなくても良いのです。自宅に機械を置くと電気代がかかるので、月に2,000円控除になります。

 旅行に行くときは、医師の許可証を会社に提出すると、宿泊先に自宅で使っている同じ型の機械を設置し、宿泊先についてから、帰宅するまでの携帯用のボンベも置いてもらえます。機械と使ったボンベは置いておくと、会社側がとりに行きます。料金はかかりませんとのこと。日本中どこでも走りますと言っていました。
 酸素ボンベは飛行機に持込が出来ませんが、医薬品なので、持ちこみが許可になります。手続きは煩雑ですが、会社側がしてくれます。24時間酸素吸入をしていても、日本国内なら、旅行が出来ます。

 チューブにつながれているという感じがしますが、極端に行動範囲が狭くなるような事にはならないみたいです。

2004.06.14

いろいろな人生

 着付け教室に来ている生徒さんは、平日の午前中という事もあって中高年の女性ばかりです。教室の雰囲気はアットホームなので、身の上話しが始まる時があります。

 ご主人を亡くされて、やっと外に出る気持ちになり、着付け教室に来た。皆温かく迎え入れてくれた。でも、体調が良くなくて来れないと連絡が入りました。
 先生は、来れる時においで。お月謝は来た時で良いから、との事。

 ご主人が現役の時に発病し、だんだん悪くなってったが、定年退職まで勤め上げられた。自宅での対応が出来なくなり、入院している。もう10年になる。話しが出来ないから、筆談。何かが吹っ切れるまで10年かかった。良くなる事は無いから、ご主人の葬儀には、自分で喪服を着て送り出したくて、着付けを習いに来た、という人が居ます。

 夫が入院中に、同じ病室に居た方の看病にきていた奥さんが、毎日着物を着て来ます。ご主人があれこれと言うのだそうです。その後主人の言い分、
「腰紐が出ていたら、言いたくなる。」
着物を着た奥さんが来ると、病室がフワッとして、和みます。着物の力は大きいね。

 ご主人が入院中だという奥さん、着物を着て病院に行くと良いよ。

2004.06.13

やぎさん

 久しぶりに、本当に何年振りかに動物園に行って来ました。
「こども動物園」のコーナーがあって、小動物が身近に、触れるのです。そこにやぎが居ました。やぎさん、そーーーっとこちらに寄ってきて、動物園のパンフレットをくわえて行きました。低い柵の中に入って、そのパンフレットをむしゃむしゃ食べ始めたのです。

    ♪しろやぎさんから お手紙ついた。
     くろやぎさんたら 読まずに食べた。
     しかたがないから お手紙かいた
     さっきの手紙の ごようじなあに

この歌は本当だった!

2004.06.10

通信添削指導

 放送大学では、通信添削指導が通り、単位認定試験に合格して単位が取れます。その通信添削指導、家でするので教科書が見れるからといって、安心していられません。やたら難しい問題を出題する先生が居ます。これだったら、単位認定試験はどうしようかと思う。 今回は、こういう出題の仕方は始めてだという科目が3科目もありました。困ったね。
 そうでなくても勉強はしたくないのに…。だから、提出するのが遅くなり、最後の科目が、期日ギリギリでした。必着の日の前日に速達で出しました。届くはずです…よネ。
 結果は後日、郵送されてきます。それが、試験の3週間前なのです。もっと早くして欲しいのですが、しょうがないか。

 戻って来るものには、正解、私が書いた答え、解説が書いてあります。解説に「〇章を見よ」としか書いていない科目がありますが、それはまだ良い方。何も書いていない科目がありました。添削指導の意味が無い。キツイなぁ。

 そんなこんなの3年目ですわ。試験の無いカルチャーセンターに行きたいな。

2004.06.06

北大祭

毎年この時期は北大祭があり、楽しみにしています。期間中は模擬店があり、ステージあり、公演会ありと盛り沢山の内容ですが、私の行くところはインドネシア!これ一本!!

おばあちゃんが車椅子なので、お付き合いもあるのです。インドネシアの模擬店の裏にシートを敷いて陣取り、お料理を食べ、お喋りをしたり、店の前でのアンクルン(竹で出来ているインドネシアの楽器)演奏を聞いたり、楽しかった。

今年2月にあった、里親説明会でも留学生によるアンクルンの演奏があり、この時は日本人も入って良いと言っていましたが、今回は日本人の女性が数人いました。竹の音は良いですね。癒されるって感じ。

インドネシアはイスラムの国ですから、イスラム教の人が日本にも来ています。毎週金曜日にはお祈りに集まっていますが、毎日のお祈りの場所が母国のようにある訳ではありません。インドネシアに行ったら、空港の中にお祈りの部屋があるし、車で山道を走っていても、道路沿いにお祈りをする建物があるのです。模擬店の裏手にござを敷いてお祈りの場所を確保していました。

模擬店に来る人たちはインドネシア大好きの人達が多かった。そこに来ていた男性が、インドネシアに行くチャンスがあったのに、ソ連が崩壊し、そちらに行かなければならなくて、行けなかった不運の人がいました。東南アジアは大陸の方に行く事が多いんだって。
「8月にフィリピンに行くの。」
「フィリピンは危ない。」
「ミンダナオ島の北コトバト州。」
「ア、ハ、ハ、ハ。」
「ゲリラの見学に行ってこようかな」
「そのくらいの気持ちで行ったほうが良い。」だって。

そんなカンナの話をしている時、テルは似たような年頃の男の子達数人と遊んでいました。その中にフィリピンから来た子がいました。
 

2004.06.04

着付け教室第2弾

 2月から3ヶ月間着付け教室に通い、何とか着物が着れるようになりました。1日おきくらいに着ていると、上手に着れるというより、馴染んできます。何事も3ヶ月では出来ないという事で、また3ヶ月通う事になりました。前回のコースで顔を合わせた方達がいるので、初回からお喋りが始まり、先生のアドバイスがあり、情報交換ありと、楽しい2時間でした。

 2月に買った訪問着が仕上がって来ました。右肩からすそに斜めに模様が入っていて、ジミ目ですが控えめで、ちょっと変った着物です。着る範囲が広い物なので、年に1回は着れそうです。インドネシア・日本文化交流会でお披露目をしようと思います。それまで着れるようになれるかどうか練習をしよう。

 何かがあって行かなければならなくて、ホテルの部屋で着物を着る事があるのだそうです。全身を見れる鏡がない所で着れるようにと、着付けの練習は始めから手の感触で覚え、床に風呂敷を敷いて、その上で着れるようにと先生から言われています。
 8月にミンダナオにある養護施設の落成式がありますので、行くつもりでいます。ちゃんと着れているかなと、確かめる程度を手鏡で見て、着れるように練習してみましょう。自信がついたら落成式は着物を着てみようかと考えています。着物は着ているだけで日本の文化を紹介出来るから。

 これからの3ヶ月間は、鏡のないところで着物が着れるようになることを目標に練習をしましょう。

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »