« いろいろな人生 | トップページ | 命に関する選択 »

2004.06.18

酸素吸入

 肺が悪くて、常時酸素吸入が必要になると、自宅に機械を置いて酸素吸入をします。部屋の空気を機械に吸い込み、酸素だけを送り込みます。外出時は携帯用のボンベを持って行けます。送りこむ酸素の量により、何時間持つかは違いますが、最大6時間。ボンベは金属ではないので、思ったより軽いです。医薬品に入るので、費用は患者からレンタルの会社に払わなくても良いのです。自宅に機械を置くと電気代がかかるので、月に2,000円控除になります。

 旅行に行くときは、医師の許可証を会社に提出すると、宿泊先に自宅で使っている同じ型の機械を設置し、宿泊先についてから、帰宅するまでの携帯用のボンベも置いてもらえます。機械と使ったボンベは置いておくと、会社側がとりに行きます。料金はかかりませんとのこと。日本中どこでも走りますと言っていました。
 酸素ボンベは飛行機に持込が出来ませんが、医薬品なので、持ちこみが許可になります。手続きは煩雑ですが、会社側がしてくれます。24時間酸素吸入をしていても、日本国内なら、旅行が出来ます。

 チューブにつながれているという感じがしますが、極端に行動範囲が狭くなるような事にはならないみたいです。

|

« いろいろな人生 | トップページ | 命に関する選択 »

健康・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42007/11349464

この記事へのトラックバック一覧です: 酸素吸入:

« いろいろな人生 | トップページ | 命に関する選択 »