2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005.04.23

札幌ドームデビュー戦

  ♪オレ達の勝利だ!

   強いぞ! 強いぞ!!

   We are Sapporo!

本日、コンサドーレの試合の観戦に行きました。

友達のminimiさんがコンサのサポーターで、昨年からコンサとプロ契約をし、今年大学を卒業した、ごんちゃんを応援しています。ごんちゃんの承諾を得て、ホームページ「ごんちゃんがいく」を立ち上げました。一生懸命ごんちゃんを応援しているminimiさんを応援したくて、札幌ドームで試合があるときは、家に車を置く事を快く承諾しました。ごんちゃんの断幕を作り、サポーターの断幕係りをしているので、前日夜にドーム行き、並びます。当日も朝早くから“ご出勤”です。そんなminimiさんを見ていると、サポーターの見学に行きたくなってきました。それが今日、実現したのです。

ウキウキ、ワクワク、

初めての体験に、緊張。

ドジ踏みそう…。

BG002

 キックオフの1時間前からイベントがありますので、その少し前に行きました。

福岡西方沖地震災害義捐金コンサドーレ札幌選手による募金活動をしていました。募金場所前には二重になった長蛇の列。選手が7~8人来て、募金をしてくれた人、一人ひとりと握手です。

ホーム側ゴールの真裏が熱血サポーターの席です。立って「オーオー…」と拳を振り上げ、応援する人の席です。その両側には座って応援をするサポーター席です。どちらにするかは、その時の体力に応じて決めます。Minimiさんと私は座って応援する席です。応援席の前は大漁旗のような大きな旗が並んでいます。前半戦と後半戦が始まる前は旗を振ります。それは綺麗です。

BG001

色々なしきたりがあるようで、選手入場ではコンサのタオルを目の前に広げて、選手が並んだら、そのタオルを振ります。歌う曲も決まっています。

前半戦の早いうちに1点入れられました。

♪バモ札幌 行こうぜ

 我らと ともに

 みずからの チカラを信じ

 熱い気持ちみせて戦え

迎えた後半戦、チャンスがありながらも、なかなか点が入りませんが、やっと、1点入りました。

 ♪いけ札幌

  勝利を信じ

  最後まで戦え

  オーオオ オオー オオー

    …

いけ札幌 勝利信じ

最後まで戦え

11で引き分け、ゲーム終了です。

 コンサの選手がイエローカードを出された時は、不満で「どうしてぇ~、なにしたの?」と思うのですが、対戦相手のアビスパ福岡の選手がイエローカードを出されると、疑問なんか抱きません。納得しています。

もしかしたら、アタシ はまったかしらん。

 サポーターと選手は一緒に戦っているのを肌で感じました。

ヒョッコリ行ったのですが、サポーター席でしたから、お客さんでいられなくて良かったと思いました。

 ♪サ~ッポロ~ 俺達の札幌

  ともに戦おう 勝利をつかもう

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.04.19

セピア色の本

 子供の頃、家の近くに貸し本屋がありました。狭い店内には本がびっしり置いてあります。新聞の折り込み広告のような紙でカバーをしている漫画の雑誌もありました。週刊だと小学生のおこずかいでは買えませんから借りに行くのです。貸し出し期間は3日だったように思います。そうすると、一ヶ月のおこずかいで毎週漫画が読めるのです。

 高学年になると、ルパンシリーズや江戸川乱歩を読みふけっていました。クラスの友達と3人で毎月1冊づつ買い回し読みをします。ある日、買った本が友達も持っていたので、本屋さんにまだ買っていないものと交換してもらった事があります。今にしてみれば、よく取り替えてくれたなと思います。

 子供の頃は病弱でしたので、10歳までに5回入院していました。病気になって学校を休み寝ていると父が本を買ってくれました。大好きだった絵本は、題は忘れましたが、太鼓をドンドンと叩くと鼻が伸びていくのです。とうとう雲の上まで伸びて、雷様がその鼻を木に縛ってしまいました。そんな事とは知らずに、反対側を叩くと、鼻がちじんで元に戻りますが、鼻が縛られているので、そのまま雲の上まで行ってしまいました。その後どうなったかは、覚えていません。

 中学生からは、本は読まなくなってしまいました。最近になって少し読み始めています。頑張って抵抗していたのですが、とうとう老眼鏡を買いました。まだ慣れていないので、新聞を開くと、下のほうはいいのですが、上のほうはぼやけて見えるので、眼鏡をしないで読んでいます。国語辞典は読めるようになりました。

年相応になってきました。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.04.17

教会学校の始業式

 今日は、ひかりが行っている教会の教会学校の始業式です。ミサの最後の連絡のときに、教会学校のリーダーたちが紹介され、これから1年間よろしくと、代表者が挨拶をしました。より活動しやすいように多少変えたところがあり、新しいリーダーが増え、新体制が整い新たなスタートを切りました。

 ひかりは、幼児クラスの担当です。幼児は、楽しく和気あいあいとやっていこうと考えています。主の祈りで始まり、お絵かきをしたり、ぬりえをしたり、工作をしたり・・・。最後は天使祝詞を祈って締めようか。
教材を探しに行かなくちゃ。
カトリック、プロテスタント関係なく、良い物を使っていこう。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.04.10

ヨハネ・パウロⅡ帰天追悼ミサ

4月10日()11:00から 北1条教会で、ヨハネ・パウロⅡの帰天追悼ミサがありました。聖堂には入りきれないくらいの信者が来て、マスコミ各社も取材に来ていました。

ミサの中で司教様が、短い時間でしたが3度、教皇に個人的にお目にかかったときの印象をお話になり、ヨーロッパの田舎のおじさんという感じだった。教皇という隔たりを感じなかったと、説教の中で語っていました。テレビを見ていると教皇が世界中を回り、多くの人たちとふれあい、赤ちゃんを抱っこしているのを見ていると、民衆のために教皇という職務を果たしてきたのだなと思いました。

世界の歴史に名を残した偉大な教皇が亡くなり、新しい教皇が決まり、次の時代へと進んでいくのだなと感じました。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.04.07

面白グリーティングカード

今まで訪問したブログを見ていったら、面白いグリーティングカードを見つけました。「念力寿司」と「匂いの出るカード」がお勧めです。

念力寿司は注文を聞かずにすしを握ります。匂いの出るカードは・・・・、とにかく匂いをかいでみてください。

百聞は一見にしかず。グリーティングカードをご覧ください。そして、お試しください。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.04.05

「海のアジア」を読み始め

NCT002
岩波書店・刊/編集委員・尼本恵市・濱下武志・村井吉敬・家島彦一

只今、「海のアジア―海のパラダイム―」を読んでいます。
目次の前の「海のアジアが開く世界」を読んでいて、内容の難しさにギョッとしたのですが、本文を読んでいくとワクワクしてきます。

♪♪ うみはひろいな おおきいな

・・・という歌がありますけど、海は深いわ。
浅瀬など、どこにある? って感じです。
全部で6巻あり
①「海のパラダイム」
②「モンスーン文化圏」
③「海とひとのダイナミズム」
④「ウォーレシアという世界」
⑤「越境するネットワーク」
⑥「アジアの海と日本人」

お勉強をしなければならないのに、本に夢中になっちゃいそうです。

人気ブログランキング登録中!1表を!! ←ここをクリック

方丈記

NCT001 「日本文学に見る住まい」に方丈記が出てきましたので、読んでみました。

大火があり、天災が起き、飢饉が起きて、土地を離れていく人たちがいる。年が明ければ良くなるかと思へば、疫病の発生。乞食が増え、道端には人が倒れ、母親が死んだのを知らない幼い子供が乳を吸っている。財産のある人は恐れがあり、貧しい人は恨みがある。人を頼ればその人の所有物になり、人をはぐくめば恩愛がある。世に従えば苦しいし、従わなければ狂ったようになる。妻子がいないし、世を捨てて、庵を建てて一人暮らしをしようか。

 四季折々を楽しみ、子供が遊びに来るのも楽しい。芸事は自分ひとりで楽しんでいればいいから、下手でもいいしと、気ままな生活も結構いいものだというようなことを書いているのに、自分の内面の問題は解決していないと気付く。本当にこれでいいのかなで〆ています。

逃避は解決にならないってことだ!
やっぱ、私の老後は、世捨て人にならないでおこうっと!!

人気ブログランキング登録中!1表を!! ←ここをクリック

2005.04.03

ヨハネ・パウロⅡ死去

今年は悲しい事が続きます。

カトリックの教皇、ヨハネ・パウロⅡが亡くなられました。
CNNでは特番を組んで、バチカンから中継をしながら、世界中の人々の悲しみ、教皇の足跡をたどっていっています。
ベルリンの壁が壊れ、旧ソ連が崩壊する風穴をあけたのも教皇。宗教観の対話もしました。世界の歴史に名を残す人物です。

来年4月に札幌子供ミュージカルが、バチカンに行きコンサートを開き、教皇に聞いていただけます。
札幌子供ミュージカルはポーランドとつながりのあるところなので、ヨハネ・パウロⅡに聞いていただきたかった。それが残念です。

これからバチカンでは、枢機卿が集まり、これから数日間の事で話し合うそうです。
ずっと、CNNを見ています。

今までの教皇の歩みの一部をご覧ください。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »