2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005.05.23

「集団学童疎開史」

 土日は面接授業がありました。
戦時中の学童疎開って空襲から子供を守るためだと思っていたのですが、そうではなくて、防空作戦の一つで、全国民が戦闘態勢に入った事なのです。児童史のなかでは、集団学童疎開は昭和19年から21年までの3年間でしたが、子供が極限状態に置かれた時期です。
学童疎開を決めた時は、関係機関が関わっていたのですが、文部省が関わっていません。内務省の決定に伴い、文部省が動いた。集団で学童疎開をし、勧奨といいながら、半ば強制的に、暴力的に行われました。
 疎開先ではどんな生活をしていたかというと、それはひどいものだった。栄養失調から子供たちの体重は半年で3キロ減り、皮膚症状が出、感染症が蔓延し、先生による殴るける。疎開地から帰ってきた子を迎えに行った親は、自分の子供が分らないくらい変わり果てた姿になっていた。疎開してどうだったかを聞いてみると、良かったという人と、そうではない人がいました。自分が疎開している間に空襲があり、家族全員が死んで自分ひとりになったと言う人は、疎開は良くなかったと言っていました。両親がいないと、侮蔑の対象なのだそうです。

 インドネシアとフィリピンに関わっています。インドネシアのアチェはインドネシア軍との紛争がり、フィリピンのミンダナオ島も政府軍とゲリラの紛争がある地。紛争や極限状態がどういうもので、何が起こっているのかは、地域・時代を超えて共通するものがあり、一つの事を掘り下げていくと、立体的な広がりが出てくるのだと思いました。
 昨年、ミンダナオの養護施設「イースタービレッジ・ミンダナオ」に行ったときに、子供たちの踊りを見ていて、一人ひとりが尊重されていて、スタッフとの関わりが良く、型にはめられずにのびのびと育っているのが分りましたから、ここに来て良かったねと思った。でも、中には事情があって兄弟と別れて暮らしている子がいます。その子は本当にビレッジに来て良かったと思うのかな。
何をする事がその子にとって良い事なのでしょうか?

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.05.18

プロフィール更新!

 自己紹介にならないような、なるような50の質問を見つけたので、プロフィールを更新しました。質問に答えていって面白かったわ。今よりずっと若かった頃を思い出して、なつかしい。

 父親の転勤で、高校は入学した学校と卒業した学校が違います。一つ目の高校は、汽車で通っていました。汽車ですよ!
石炭を食べて、煙を吐く、あの 汽車ですよ!
ゴトン、ゴトン・・・と走り始める汽車に自分が乗っているなんて、タイムスリップしたような不思議な気分でした。帰りは一両編成の列車です。乗っている分には何も感じないのですが、走っているところを見ると、ちょっと寂しいね。
 盆地だったから、夏は暑くて冬は寒い。冬の坂道が凍っていて、光っているのには、どうしようかと思った。

 もう一つの高校は、豪雪地帯で、蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山を背に登校し、平屋建ての社宅は、冬になると雪に埋まってしまいそうになる。家の周りをぐるっと雪かきしなければ、家の中が暗くなる。小さな街も、結構便利なもので、徒歩圏内でたいていの用事は済まされます。

 中学では、試験のたびに上位250番までの順位が張り出されます。体力測定の結果も張り出された事があり、私は体力測定の方がよかった。垂直とびは48センチだったのですよ!いくつかの項目で上位5位以内でした。これが数学だったら、これが英語だったらと思いながら見ていました。

 なにせ、小学校の担任の先生から、受験科目以外の科目がいいといわれていた私です。
そんな私が現役の学生。
人生、いつ何時、どうなるか分らないわ。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.05.14

甲虫王者ムシキング

 男の子に根強い人気のあるゲーム「甲虫王者ムシキング」。100円をゲーム機に入れるとカードが1枚出てきます。手持ちのカードを機械にスキャンして、強い虫を作り敵の虫と対戦します。小3になるテルはカードを120枚以上集めました。ゲームの時は、順番を待っている子のカードを借りてスキャンする時もあります。いつもは一人でのゲームですが、お友達と会うと、二人で対戦できるように設定します。
CHI002
 ゲームが終わると隣にあるグッズ売り場で商品を見ています。
見るだけ。
決して買いません。
お友達と一緒のときは、話が合うせいか、売り場の前にいる時間が長くなります。お互いに共感し、思いは倍増、楽しさ倍増。それでも見るだけ路線の変更はありません。
「これ、欲しいなぁ」
そうかい、欲しいのかいでおしまい。

4月の新聞の夕刊にムシキングの記事が一面のトップ記事だった日がありました。
クワガタやカブトムシの展示してあるコーナーは人気があるとのこと。
「○○カブトと△△カブトの戦いはあるはずがない。」
硬いこと言わないで。ゲームですから。
「外来種問題はたな上げ」
だからミンダナオに行ったとき、アトラスオオカブトは1匹は餓死、もう1匹は圧迫死か窒息死をさせてから持ち帰りました。
大きくて色艶のいいアトラスオオカブトは我が家の家宝です。
CHI001

そして、テルは今日もムシキングをしに行きました。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.05.11

女性が語るフィリピンのムスリム社会

Cimg0445

 石井正子著/明石書店刊/¥4,200

この本は、著者が13ヶ月間ミンダナオ島南部・サランガニ地方に住み、野菜を売りながらフィールドワークをし、女性たちからの語りを通して、時代の移り変わりが女性の生活を変えていっている過程を描いています。

この本、お値段が高めですが、面白かった。

紛争があると、女性だって大変なのよ。「女たるもの、こうあるべし」とは言っていられなくなるんだから。

そして、女性は目覚めるのだ!

学校の勉強は必要だよ。

経済力をつけなくちゃ。

紛争は、キリスト教徒イスラム教の対立だと言うのは違うって事も分ったわ。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.05.04

コンサドーレ勝利

 先月のコンサの試合は、沢山不満がありましたが、全然めげていません。

前売り券を買い、試合を楽しみにしていてチケットを眺めていたら失くしてしまい、当日券を買う羽目になりました。3,000円の余計な出費をしてしまいました。今日は、テルと一緒に観戦です。テルは今回初めての試合なので、とても楽しみにしていたようでした。Minimiさんに座席を取っておいてもらいましたので、サポ席の前の方です。観戦に来ている人たちの大部分は赤と黒のコンサドーレのユニフォームやTシャツを着ていますので、テルは欲しくなりました。ちょうど130cmの服がありましたが、今日は我慢。

 前半開始から選手の動きが軽く、先月とはずいぶん違います。一度の試合でコンサを語ってしまって反省しています。

 前半25分で先制点を取ったコンサドーレ。今日の試合は勝ちますよ!

一眼レフカメラに望遠レンズをつけて、いい所を取ろうとしたのですが、選手の動きについていけず、なかなかシャッターチャンスをつかめません。そのうちにカメラの電池が無くなって動かなくなってしまいました。

今日はドジの連続。

人間生きていれば、いろんな事がありますよ。

後半戦も双方得点に結びつかず、1対0でコンサドーレの勝ちです。

試合内容が良いと、気分がいいわ。

 午前中は庭に花を植えたり、ひまわりの種をまいたりしていたので、疲れたわ。

でも、とっても気持ちのいい疲れです。

早く寝よ。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

2005.05.01

食い付いていくのも才能

 前期の授業が始まって1ヶ月。今まで苦手な分野の科目は敬遠していたので、これからはそうは行かなくなってきました。卒業はしたいが、苦難の道のりだわ。

 今日は、ロータリークラブ100周年記念「こども音楽祭」に行ってきました。出演は札幌こどもミュージカルです。アイヌ民族を題材にしたオペレッタ「ひとつのおわんで トゥ ミク ミク ミク」。始めの1曲で涙ぐんでしまいました。

 以前娘が入っていました。「下手、下手」と言われ、前に出されると、「人の目はごまかせないから、上手にならなければならないから、前なんだ。」「一生懸命やるしかない」「食い付いていくのも才能のうち」と言われ続けてきました。

 札幌子供ミュージカルは、子供だからこれで良いという妥協はしません。常に完全を目指して日々の練習をしていますから、厳しいです。それでも公演の本番になると、練習では一度も出来なかった事が出来たりします。娘の最後の舞台では、公演近くになると、出される課題を翌日には出来るようになっているので、大したものだと思いました。

 ミュージカルにいたときに、一生懸命やれば出来るんだって思いました。

これからの放大の勉強、「食い付いていくのも才能のうち」「一生懸命やれば出来るのだ」

卒業目指して頑張ろう!!

来年、札幌子供ミュージカルは、ポーランド公演とバチカンでのコンサートという大事業が待っています。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリック

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »