2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.22

インスタント・アイスコーヒーの作り方

インスタントコーヒーで作ります。

お鍋に水を入れ、沸騰させ、インスタントコーヒーを加えます。

分量は味見しながらお好みで決めてください。

沸騰してしばらくすると、味が変わるのですから。

これもまた、味見をしながらいつまで沸騰させているか判断してください。

砂糖を入れてもいいし・・・。

お水が沸騰してからインスタントコーヒーを入れると、ふきこぼれますので、注意。火を止めてから入れてください。

冷やしてから召し上がれ。

結構イケます

おためしあれ

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

2006.08.20

ミンダナオの紛争激化

623日に、マギンダナオ州知事を狙っての爆弾テロがあり、5名死亡、多数の負傷者が出ました。この事件をきっかけにして、国軍側とモロ・イスラム解放戦線(MILF)との対立が激化し、3万人以上の避難民が出た。3日間の停戦合意に至るも、MILF内部抗争や、コタバト市ではムスリム・ミンダナオ自治区支局に手榴弾を投げつけ、同じ日には北コトバト州ビキット町でジェマ・イスラミアと警察との間で銃撃戦、キダパワン市2箇所で爆弾事件。

9月には和平協定が結ばれる予定でいたのに、政府高官は予想外だったようですが、州知事を狙っての爆弾テロの犯人引渡しを巡って、国軍側の民兵がMILFのキャンプ・オマルを攻撃した事から始まった事。

キダパワンには行くとして、イスラム自治区のコタバトは行くのをやめようと思う。これから情報収集を続けなければ。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

2006.08.06

ちょっとした夢

夏休みのせいか、若い人たちが欠席だった英会話サークル。

先生が白板に社会問題の単語を沢山書いていて、私たちがノートに写しながらのおしゃべり。

ホームヘルパーをお手伝いさん代わりに使っている人が居る・・・。一人で暮らしていると湯船にお湯を張るのももったいないし、一人分の食事のしたくは面倒だし、それならディサービスに行って食事してお風呂に入った方がいいと考える人が居ても不思議ではない。あまり必要で無い人が介護保険を利用して、本当に必要な人が利用できないでいる現実がある。遺産相続でもめるのは、金額ではないんだって。遺言を書いても、不服に思う人が居るかもしれないから、弁護士を施行人と決めておく方がいいらしい。・・・と、そんな話になりました。

そういえば、以前は、

What  do  you  think  you’ll  be  doing  ten  years  from  now?  Tell  about  your  future.

の質問に、一人の人が「死んでる」。別の人が「私たちに先の話をしてもね。」

という訳で、10年前何をしていたかになりました。

もう、この年になると、物事は自分の思い通りにならないと分っているし、10年後と言われても、今と同じとしか答えられない。

自分のことが出来なくなったら、老人ホームに入ろうと思っています。そこで仲良くするおじいちゃんを見つけるのです。ホームのロビーでデートを重ね、必需品は補聴器。そして結婚に至るのです。結婚の条件は、どちらが先にあちらの世界に行っても恨みっこなし。もうこの年になったら、籍を入れるなんて面倒な事はしなくてもいいのです。事実婚、通い婚、なんでも有り。ホームの職員に車椅子を押されての通い婚。「おじいちゃん、遊びに来たよ」って、いいかもしれない。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

2006.08.05

フィリピン人の幸福感

7月26日付朝日新聞に「8割『幸せ』フィリピン流」の記事が載っていました。

フィリピンの世論調査機関「ソーシャル・ウエザー・ステーション」(SWS)は毎年人々の幸福感を調べていて、「とても幸せ」と「だいたい幸せ」を合わせて「幸せ」がこの十年間8割前後で、9割を越えた年もあるとの事。

人口の半分近くが貧困層のフィリピン。その中で、これほど高い数字が出ているとは驚きました。

家族や親戚の人たちが互いに助け合って暮らしていて、食べ物も水も家の建築も分かち合い暮らしていっているフィリピン。

記事の中に、「幸せは遠くにある目標ではない。些細な事でも、今は幸せだ、と思わなくては日々を乗り切れない」とありました。

インドネシアやフィリピンに行き、皆が助け合って暮らしている様子に触れると、日本は大切なものを無くしたなって思います。

今開催中の子ども未来博で「昭和の子どもたち」展があり、石井美千子作品のお人形が展示されています。人とのかかわりの暖かさに涙が出そうになりました。

昨年2月に亡くなった祖母は、食事をして「幸せ」。お茶を飲んで「幸せ」と言っていた。この幸福感が、ひざが悪くて歩行が困難になっても、一人暮らしでの、日々の生活での戦いが出来ていたのかもしれません。

9月のミンダナオ旅行。

ミンダナオの人たちの暮らしに触れられるのが楽しみです。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »