« テーブルセンター | トップページ | 中古の電気製品世界へ »

2006.11.04

着付けの工夫/肌襦袢編

☆夏場の暑い時期、肌襦袢を着て、お腰をすると暑くなります。
肌襦袢とお腰を一枚にしたような肌着が有ります。「花嫁…」という物です。
私は夏場は、花嫁何とかと言う肌襦袢と、夏用の二部式の長襦袢の上だけにしています。
普通の肌襦袢なら、後ろをかなり引かなければ見えてしまいますが、これはえりが無いので見えませんので、使っています。

☆しっかり着付けをしているようでも、帯を締めたり、時間が経つと、えりが緩々になってきます。肌襦袢のえりの内側に、えり芯が入るような幅に切って入れます。

Kim002

そうすると、着物のえりが緩々にならなくて済みます。後ろのえりを引いても見えますが、覗き込む人は居ないと思うよ。だけど、気を付けないと、首と長襦袢の中間に肌襦袢がある・・・っていう風になるので。
でも、これは画期的。喜んじゃった。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

|

« テーブルセンター | トップページ | 中古の電気製品世界へ »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42007/12556006

この記事へのトラックバック一覧です: 着付けの工夫/肌襦袢編:

« テーブルセンター | トップページ | 中古の電気製品世界へ »