« ステロイド剤の話① | トップページ | 高額医療の支払い方法 »

2007.03.24

みゅの足パパにあげる

Ken004

CIDPの患者、山口隼人さんの著書で、日本文学館から出版されています。
発病の経過、入院中の検査の事、とても参考になりました。足がヘンって、始めは整形外科に行ったところは、わたしと同じ事を考えている。だって、整形だと思うよ。だけど、歩くときにヘンだと思ったら、神経内科に行くといいんですね。
検査の為に神経や筋肉の細胞を取るのが、あんなに痛いものだとは思いませんでした。
色々な人との出会いがあり、そこから筆者が吸収している様子が伺えます。
入院中のエピソードには笑い、最後は感動の涙です。
病気になると誰でも一度はへこむ。山口さんも、アイススレッジホッケーの永瀬充さんも
一度はへこんでいます。でも。厳しい現実を受け入れ立ち向かっている。
生きるってすばらしいなって思いました。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

|

« ステロイド剤の話① | トップページ | 高額医療の支払い方法 »

健康・福祉」カテゴリの記事

本紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42007/14375014

この記事へのトラックバック一覧です: みゅの足パパにあげる:

« ステロイド剤の話① | トップページ | 高額医療の支払い方法 »