« 子供が熱を出したときのお風呂 | トップページ | ステロイド剤の話② »

2007.03.21

傷の手当

擦り傷を作ったりすると、傷口から血が出るし、ジクジクしてくる時もあります。
傷口や周りの汚れを取り、(これがまた痛いのですよ)その後の手当ての一工夫を紹介します。
消毒をしてサビオを張ったり、ガーゼを当てると、取るときが痛いし、せっかくか乾いた所がまたジクジクしてきます。
綺麗にした傷口に、傷の大きさに切ったガーゼ一枚を当てて、その上から消毒をします。傷の保護の為にサビオを貼ったり、ガーゼを当ててテープで止めます。
サビオやガーゼを取り替えるときは、傷口の上に当てたガーゼはそのままにして、消毒をするときは、その上から消毒をし、新しいサビオやガーゼを当てます。
傷口のガーゼは、治るまでそのままにしておきます。かさぶたと一緒に取れるので心配ありません。
これ、結構 いいよ。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

|

« 子供が熱を出したときのお風呂 | トップページ | ステロイド剤の話② »

健康・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42007/14376771

この記事へのトラックバック一覧です: 傷の手当:

« 子供が熱を出したときのお風呂 | トップページ | ステロイド剤の話② »