« ソースの話 | トップページ | 生活習慣病予防の食生活 »

2007.04.14

生活習慣病になぜなるの?

成人病の発症には3つの要因が考えられています。①遺伝子要因②環境要因③胎児期発症説です。③について少し書いてみようと思います。

ヨーロッパの研究によると、生まれたときの体重が小さい人たちほど虚血性心疾患による死亡率が多いという結果が出ています。そこから、生まれたときの体重が小さいのは、成人病発症と強い繋がりがあるのがあるのではないでしょうか。
妊娠中の栄養が低いと腎臓糸球体・ネフロンの数が少なくなっていています。9歳頃までの観察では、血管拡張性に障害が出たり、インスリン情報伝達系の異常につながっているのではないかと考えられています。

胎児に栄養がいかずに、生まれたときの赤ちゃんが小さい原因は何でしょうか?
①妊娠前の母親の低栄養。
②妊娠中の母親の低栄養と体重増加の抑制、喫煙、妊娠中毒症、自己免疫疾患、その他による胎盤機能の低下。

それでは、どのような対策をすればいいでしょうか?
①若い女性の栄養教育と極端なダイエットをやめること。
②妊婦さんの栄養の重要性と妊娠中の適切な体重増加。
妊娠中の体重増加は、8キロくらいと指導されていますが、栄養不足になるので、個別の指導が大切です。喫煙もよくありません。
③乳児期の栄養指導。小児成人病が増えています。乳児期は発症を効果的に止める時期になるので、少なくとも6ヶ月までは母乳で。栄養を取り過ぎないように、充分な運動が必要です。ですから、小さく生んで大きく育てると言われているのは、劣悪な胎内環境に過剰栄養となります。

詳しくは、「からだの科学」No.249をご覧下さい。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

|

« ソースの話 | トップページ | 生活習慣病予防の食生活 »

健康・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42007/14679960

この記事へのトラックバック一覧です: 生活習慣病になぜなるの?:

» 産後ダイエット情報 [産後ダイエットのコツ:産後ダイエット]
産後ダイエット情報に関するRSSを集めておりますので、トラックバックさせていただきました。 [続きを読む]

受信: 2007.04.15 00:24

» 難病!パーキンソン病を正しく理解する [パーキンソン病 徹底情報収集]
パーキンソン病(−びょう、英Parkinson's disease)は、脳内のドーパミン不足とアセチルコリンの相対的増加とを病態とし、錐体外路系徴候を示す病気の一つ。[疾患] [続きを読む]

受信: 2007.04.15 14:53

» 認知症、がん、高血圧、心臓病、糖尿病、リウマチ、膠原病、アトピー [病気に無縁の究極のアンチエイジングとは?]
認知症、がん、高血圧、心臓病、糖尿病、リウマチ、膠原病、アトピー、更年期障害など、発症原因が違うことを同時に解決できる。驚かれたと思いますが、こんな最先端な研究を科学的にお知らせしたいです。... [続きを読む]

受信: 2007.04.24 17:06

« ソースの話 | トップページ | 生活習慣病予防の食生活 »