2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007.10.30

mixiのコミュニティー

このブログのリンク集にあり、イースタービレッジのホームページにもリンクされている「超個人的応援サイト」を管理しているたっちゃんさんが、mixiでイースタービレッジ・ミンダナオのコミュニティーを管理しています。mixiのコミュニティー内をイースタービレッジ・ミンダナオで検索すると出てきます。

mixiは招待制ですので、mixiに入っていないけれども、興味がある方は、メールをいただければ招待状をお送りします。その際は自己紹介とホームページやブログを管理していましたら、アドレスも教えていただけると、嬉しいです。

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

フィリピンはミンダナオにある養護施設「イースタービレッジ」を応援するコミュニティです。

色々とイースタービレッジについて情報交換、意見交換しませんか?

(イースタービレッジ・ミンダナオ コミュニティーのトップページから抜粋)

2007.10.28

自己記録更新!

今までは、家族や友人と一緒の旅行でしたから、一人で何処かに行く事がありませんでした。
一人で往復した、一番遠くは、札幌⇔小樽。
こんな私ですから、国内も一人で旅行した事がありません。

それがこのたび浜松まで一人で往復して来ました。
千歳⇒中部国際空港⇒(バスで)浜松。
自己記録を一気に塗り替えました。
たったこれだけの事ですが、自信がついちゃった。
一人は気兼ねなくていいわ。

浜松は親戚がいます。叔母の所に行ってきました。
おしゃべりをして、お土産を買って、美味しい物を食べて、満足。
叔父が「よう、しゃべるな」と言います。
それでもまだまだ、おしゃべりが出来ます。

おばの家の近くに、美味しいパン屋さんがありますので、娘の家にお土産です。
ご飯が美味しいからと、叔母の米びつから米3合をもらってきて、作ってくれたうなぎの卵とじが美味しかったので、うなぎを買い、帰りのお弁当におにぎりを3個作ってくれて、1個食べて美味しかったから、2個残して、帰ってから子供たちに上げて、生の桜海老をかき揚に入れると美味しかったので、桜海老を買い、かき揚を作って息子に食べさせて。
美味しい物を食べると、子供たちにも食べさせてあげたくて…。

今回はなかったけど、ホテルで一人で泊まるのは寂しくて。
次回からの課題です。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

2007.10.17

思い切ったような…

何かと不便なので、エクセルやワードで作った文書をPDFファイルに変えるソフトを会に近くの電気店に行ってきました。ファイルを開く為だけならadobeのサイトから無料のダウンロードが出来るので便利ですから、開く人のことを考えるとadobeにしたいのですが、便利な物はお値段が高い。安いソフトがあればと思ったのですが、adobeでないのです。
しょうがないので、何も買わないで帰ってきて、30日間無料のファイルをダウンロードしました。来月買おうか。

イースタービレッジ・ミンダナオのメールニュースが2~3日前に届いていましたので、早速使ってみました。数件にメールで送っているので、これでパソコンの相性が悪くて写真がずれたりする心配がありません。
これで「ここは僕らのふるさと」にもアップロードできました。
いつも思うのですが、レイアウト、もう少し何とかしなければ。

イースタービレッジ・ミンダナオニュース

祐川神父さんからイースタービレッジ・ミンダナオニュースがメールで届いています。

掲示用を作成していますので、今年の5月分からアップロードすることにしました。

掲示してくださるところがありましたら、印刷してお使いください。

お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされていない場合はこちらからダウンロードしてください。

2007年5月16号

「075.pdf」をダウンロード

2007917「0709.pdf」をダウンロード

20071018「0710.pdf」をダウンロード

2007.10.16

リリーちゃん闘病記5

Cimg0897
日付が変わるころ、15日午前0時頃、リリーちゃんが苦しくなりました。今までとは違う苦しさです。1時40分過ぎに息を引き取りました。
1週間、何も食べず飲まず、寝たきりの生活でしたが、とうとう力尽きてしまいました。
「大抵はこうなったら3日。でもリリーちゃんは生きてる」とお医者さんの言葉でしたが、よく頑張りました。
リリーちゃんを抱っこして、遠くを見ながら、天国に行ってらっしゃいをしました。

♪兎追いしかの山
 小鮒釣りしかの川
 夢は今もめぐりて
 忘れがたきふるさと

お別れの歌は「故郷」です。
歌いながら、草原を飛ぶように走っているリリーちゃんの姿が浮かんできました。
時には脱走してたけど、ずっと家にいて、最後一週間は寝たきり。
やっと思いっきり走れるようになりました。
今度生まれ変わってくる時は、病気を持ってくるんでないよ。
人なつっこくて皆に可愛がられて、猫徳(人徳??)だよ。
襖や網戸を開けるのが上手。このテクニック、忘れるんでないよ。
3年いなかったけど、娘の一番大変なときに助けてくれて有難う。
うちの子になってくれて有難う。

火葬などは飼い主の息子の気の済むようにする事にしました。
茶の間に小さな祭壇を作りました。可愛くしようね。

楽しいことを夢中でしていると、ストーブをたかなくても、寒さを感じないのですから。
生花が枯れたら、秋バージョンにしよう。
冬バージョンはどういう風にしようかなとか、構想をめぐらせています。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

2007.10.15

多目的ホール完成

News070902

<建設中の多目的ホール>

養護施設はとかく孤立しがちになります。そこで地域社会との関わりを今以上に持てるように、訪問客の宿泊の部屋も作るため、多目的ホールを建設する為に、助成金を出している団体に数回申請していたのですが、ことごとく却下されていました。

昨年、日本にあるカトリックの養護施設から、イースタービレッジに女の子二人が来ました。今年二月に祐川神父さんが一時帰国したときに、ここの養護施設を訪問の際に何か手伝える事があるならと申し出があり、多目的ホール建設の為の資金提供をしていただきました。

念願の多目的ホールの名前は、キリストのみこころに倣い、その要請の場になるようにと「聖心(みこころ)ホール」と名づけました。

103日に予定してありました、多目的ホールの落成式に、ダバオ在住のダバシューさんが主席されて、その様子がブログに掲載されていましたので、紹介します。

http://davashu.way-nifty.com/blog/2007/10/post_356b.html

2007.10.13

リリーちゃん闘病記④

昨日の夜、病院に行って利尿剤と安定剤を注射してもらったせいか、今日は状態がとてもいいです。
夜は苦しがらなかったので、人間が寝られた。
だから、リリーは、寝られたかどうか分らない。
おしっこも出たし…。
今日は午後から病院。
肺の水が抜けたようで、聴診器を当てると、今まで聞こえなかった心臓の音が聞こえるようになった。
安定剤は注射しないで、栄養剤を沢山注射しました。
お水を飲めるようになったので、先生が注射器をあげるって。
餌を食べさせてみたいと言ったら、パテみたいなえさを水で溶いて流動食にし、注射器で与えるといい。食べなかったら出すから。…、と言うわけで食事用の注射器をもらいました。
猫のえさのスープを買ってきて、具をすり鉢ですり、水を加えて食べさせてみると、食べた。月曜日から何も食べていないので、今日は少しだけにしました。

病院の帰りに、いい事を思いついて、クラシックのCDを音を小さくして流した。
安定剤を使っていないから、心の安定を図って…効果があるかどうかは分りません。

今、リリーちゃんは寝たっきりですが、元気になりました。
肺の水が抜けて苦しくなくなったんだよ、きっと。
発作も起こさなくなったし。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

2007.10.12

リリーちゃん闘病記③

Cimg0889
<一時期元気になったリリーちゃん>

昨日の夜は苦しそうでした。呼吸が弱くなり、止まってしまうかと思いましたがまた強くなりました。茶の間のソファーで寝ていますが、下りようとする事が数回。呼吸が速くなったように感じます。相変わらずあまり寝ていません。
飲まず食わずが5日目です。点滴をすると、肺に溜まっている水が増えるので、出来ないとのこと。栄養剤、利尿剤(肺に溜まっている水をおしっこで出す)、安定剤を注射。

まともに眠っていないので、眠らせてあげたい。人間の場合、末期で肺が苦しいときは、薬でとろとろと眠らせて、苦しみを感じないようにするだけ。リリーちゃんは肺と心臓が苦しいから、苦しみを感じないようにする意味でも、眠らせてあげたい。

朝、病院に行き、先生と相談。麻酔を注射すると4時間寝ていられるが、心臓が悪いのでそのまま死ぬ恐れがあり、リスクが大きい。
昼休みに帰ってきた息子と相談。昨日も今日も、病院で注射をしてから眠っているので、夜安定剤を注射すると眠れるかもしれない。
そこで病院に電話し、問い合わせてみた。安定剤は1日2回使えるから可能。1日1回しか出ないおしっこが2回でたので、利尿剤も1日2回使えるので使うことにして、病院が閉まる7時直前に行った。娘が車を出してくれた。

病院から帰ってきて30分くらいとても元気になった。おしっこをして、水も飲めた。
熱々の蒸しタオルでお尻を拭いてあげた。

息子は夜、大学病院に行った日から茶の間で寝ています。
ソファーで寝ていると良く寝れないので、床に布団を敷くことにしました。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

2007.10.11

リリーちゃん闘病記②

 昨日、大学病院に行った。レントゲンと心エコーで、診断は「拡大型心筋症」。
両方の肺に水がたまっていました。
左心室に1cmほどの血栓が出来ていて、その血栓の一部が足の方に飛んだのではないか。
拡大型心筋症は生まれつきのもので、急に症状が出てくるのだそうです。今のリリーの状態では麻酔をすると死んでしまう可能性があるので、手術は出来ない。手術して足の血栓を取ったとしても、また飛んでくるでしょうし、手術をすると血管が細くなる。この病気は治療方法がない。対処療法だけ。
診察中に「カッ!」とするようになり、発作が起きそうだからと安定剤を打った。
そこで先生にお願いして、病院が近いと移動に時間がかからず通院が楽なので、元の病院に戻りました。

家に帰ってから、「カッ!」としてからうめき声を上げるのが断続的に続く。
仕事から帰った息子は、リリーの姿を見て泣いていた。
一晩つきっきりで看病していた。

今日、朝一番で病院に行く。行きは息子の通勤途中に車で送ってもらった。
飲まず食わずが4日目なのですが、点滴をして水分を体に入れると、肺に溜まる水が増えて苦しくなる為、点滴はできない。栄養剤、寝ていないために安定剤、肺の水を抜く注射をしてもらった。

半日ごとに悪化していくのが分ります。昨日は発作が起きていましたが、今はありません。
午後から眠るようになった。
呼吸が弱くなっている様子。
上半身起こして、おしっこをした。
犬用のシートを買ってきて布団の上に敷いていてよかった。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

2007.10.10

リリーちゃん闘病記①

Cimg0770
外をじっと見ているリリーちゃん

8日(月)夜明け前からリリーが鳴いている。ベランダの内側の窓を少し開けているので、お友達を見つけたのかなと思っていた。
私の寝ている布団の上に上ろうとしても上れない。アレッと思ったけれども、そのまま寝ちゃった。7時、リリーちゃんが後ろの左足を引きずって歩いている。8時半頃、両足を引きずってトイレに行く。
息子が職場に行く前に病院に送ってもらい、リリーを見てもらった。後ろ足両方とも先のほうが冷たくて、感覚がないようだ。レントゲンを撮ると異常は見当たらないのですが、より詳しく検査と治療をするために大学病院への転院を薦められ、先生が連絡を取ってくれた。薬をもらって帰宅。
午後3時頃、後ろ足両方とも冷たいのが広がっているように思う。
横向きで寝ているので、下になっている足の麻痺が進行する為に、時々向きを変える。
一日中、水も飲まないし、餌も食べない。トイレなし。

9日(火)午後、冷たくなっていた両足が温かくなっている。
午後7時半過ぎに一人でトイレに行く。途中で3回休みながら…。今日始めてのおしっこ。左足が動いていた。回復すると確信が出た。薬のまず、水も餌も食べない。
寝る向きを変えるときに、足をさすってあげる。

息子が友達から預かっているリリーです。息子が地方に転勤になれば、友達に返すのですが、こうして一緒に暮らしていて、看病をしていると可愛くなって、うちの猫にしようかなと考えています。2年前の2月は、膀胱を悪くしておしっこが出なくなり、その影響で腎臓も悪くして入院。後数時間病院に行くのが遅ければ、危なかった、と言う事があったし、病気がちのような気がするので心配。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

2007.10.02

これからの対応を考えると…

アスペルガーの本を読んでいて、自分はどうなのか心配になりましたので、自閉症スペクトラム自己診断のサイトを見つけましたので、してみました。診断をするものではないのですが、傾向はつかめそうです。
ちなみに、私は18点でした。
アスペや自閉症の傾向がないらしいです。
もしアスペだったら、この年になれば自分で対応をしていき、特性をうまく活用する方法を考えるのは面倒だなと思っていましたが、とりあえず、しなくていいようです。
これ以上めんどくさい事はしたくないと思っている時期ですので、よかった。

発達障害の子がいると、娘はその対応で頭がいっぱい。今日は学校の個人懇談の日でした。今回はスクールカウンセラーと一緒です。カウンセラーと担任は、4こま漫画を使って子供に説明している親は初めてだと言っていたそうです。学校の様子は、最近は積極性が出てきたとの事。娘は、この2週間は、大好きなおばあちゃんの家に3回遊びに行ったからではないかと言っていますが、4こま漫画を使ったりと対応の変化があるかもしれないので、どちらの影響かは、これからの様子見にしました。この変化が続かなかったらおばあちゃんの家にいけたのが原因かもしれませんし、変化が続けば、対応の変化によるものなのかもしれません。
昨年秋から教育相談センターや病院に通うようになってから、担任の先生が別人のようだと言うくらい多動がかなり良くなりましたので、最近の対応の変化が積極性を生み出した可能性もあります。

昨日は娘の通院日。担当医から痛みや痺れの変化があるかどうか聞かれたけれど、答えられなかったと言っていました。子供のことで頭がいっぱいなので、自分の事にかまっていられません。ステロイド剤が減るたびに痛みが出てくるのですが、今回も減りました。本当は自分の変化を一番気にしなければならないのに…。
次回の通院日には担当医に子供の事情を説明したほうが良いかもしれない。
発達障害で行っている病院の先生には、CIDPの話をしてきたって。
今までは徐々に悪化しているので、多分急激に悪化はないだろうと思うのですが、徐々に悪化は見落としがちになります。
娘の話から体調の変化を感じ取らなくては…。


人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »