2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ドリアン―果物の王 | トップページ | 家系図作成 »

2008.02.09

昔のジャカルタ

祖父が10代の頃、バタビヤ(現ジャカルタ)に行き、小売業を始めました。そこに祖母が嫁いでいき、子ども達が生まれました。戸籍謄本を見るとクレコット街に住んでいました。

戦争が始まるからと日本に引き上げてきて、その後祖父に召集令状が来て、インドネシア語が出来るのと地図が読めるためにジャワ島上陸では先頭だったそうです。

このようなことがあるせいか、インドネシアに行くと生まれ故郷に帰ったような妙に懐かしい気分になります。

今がチャンスかなと思い、インドネシアに行くことにしました。そこで戦前を知っている人を探しています。さずがネット。沢山の情報が寄せられました。

当時のバタビヤの動画がありました。

1914年の地図がありました。拡大して見られます。

もしかしたら、祖父のお店と取り引きがあったと思われる商社が分りそうです。

北海道出身の元日本兵がジャワ島にいることも分りました。

バタビヤの動画を見て、当時の事は何も知らないのに、ここに間違いない、この風景だなと心底懐かしいと思いました。

人気ブログランキング登録中 !! ←ここをクリックして1票をいれてね

« ドリアン―果物の王 | トップページ | 家系図作成 »

インドネシア」カテゴリの記事

コメント

ご先祖の招きかもね。

アタシは、なぜか自分の意志ではなく
その土地に行っています。

RITAさん、
私もそう思う。
昔のことは良く分らなくて、本当に大変。正直、調べ始めた今からめげそうです。でも、頑張る!

きっと、その土地に立つと言葉では言えない感動があるんでしょうね。
こういう話しは年々、当時を知る方が少なくなりますからね。
ひかりサンが日本人のいたジャカルタを伝えて欲しいですね。

東南アジア.comさん、
そうなんです。当時を知る人が年々少なくなってきて、細い糸をたぐり寄せるようなことをすることになりそうです。
だから、どうしても今年行きたいと思うの。
それでも、インドネシア関係の人達は親切に教えてくださるから助かります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔のジャカルタ:

« ドリアン―果物の王 | トップページ | 家系図作成 »