2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« アチェの平和への動き | トップページ | 「TSUNAMI留学生帰国支援」被災国をもっと知ろう北海道大会/05年3月 »

2009.07.19

アチェの子供たちは今/05年8月

3月にアチェにボランティアに行った留学生の報告会がありました。
目撃者の話によると、津波は15メートルある灯台の1.5~2倍の高さがあった。

アチェ州での被害状況。
☆死亡 18万人
☆非難 50万人
☆被害にあった住宅
  半壊 20%
  全壊 21%
☆被害にあった学校
  幼稚園 239園
  小学校 1137校
  中学校 263校
  高校 143校
  専門学校 143校
  イスラムの学校 248校
  大学 18校
☆孤児が住んでいるところ
  親戚
  親戚とキャンプ
  イスラム学校
☆子ども達が勉強している所
  テントの中
  普通の学校
  イスラムの学校

テントの中というのは、テント生活を送っている人たちの居る場所の外の広場で、子ども達が集まって、ボランティアの先生が教えています。イスラムの学校から普通の学校に通っている子もいる。イスラムの学校は定員が100人だが、今は300人いる。
7kの道を、行きはバスで、帰りは歩いて通っている子もいる。

水田には海の塩で使えない。降雨により塩が無くなる事を期待している。
村は泥沼になった。残骸の中から使えるものを探して、家を建てている人がいる。
政府が建てた仮設住宅、外国が建てた住宅、大小のテント。
復興はなかなか進んでいません。

« アチェの平和への動き | トップページ | 「TSUNAMI留学生帰国支援」被災国をもっと知ろう北海道大会/05年3月 »

地震・災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アチェの子供たちは今/05年8月:

« アチェの平和への動き | トップページ | 「TSUNAMI留学生帰国支援」被災国をもっと知ろう北海道大会/05年3月 »