2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ジャワ島地震現地から⑨ | トップページ | ジャワ島地震現地から⑦/06年7月 »

2009.07.19

ジャワ島地震現地から⑧/06年8月

ジョグジャカルタから報告が届きました。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

地震が起こってから二ヶ月が過ぎました。その間にもランプン、西ジャワ、バリと続きと地震が起こっています。今、インドは、地震の季節とどこかで耳にしました。

これから、私たちのグループが支援活動(仮設校舎)を始めるスレマン県のブレベル小学校の写真を送信します。この小学校、すべての生徒(150人ほど)が屋外のテントで勉強を余儀なくされています。テントは、日本政府とドイツの団体から贈られたモノです。校舎は、倒壊していませんが、もう使えないと判断されました。私たちのグループですが、ようやく名前(Paguyuban Handarubeni)をつけました。これまで、たびたび、どこから来たのかと方々で尋ねられて、答えに窮していたのですが、ようやく答えられるようになりました。

Ind044

テントのなかの様子です。太陽熱をまともに吸収するので、テントのなかは、熱がこもってとても暑いです。

Ind045

生徒たちがテントで勉強しているところです。校庭にテントを張っています。このテント、日本政府からのモノです。

Ind046

校庭には、みっちりとテントが張られています。校庭には、遊ぶ場所など、まったくありません。

Ind043

ガジャマダ大学工学部(土木工学科)がユニセフと協力して校舎の緊急調査をした結果です。赤色のシールは、もう使用できないマークです。この校舎、いずれ解体が始まります。

« ジャワ島地震現地から⑨ | トップページ | ジャワ島地震現地から⑦/06年7月 »

地震・災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャワ島地震現地から⑧/06年8月:

« ジャワ島地震現地から⑨ | トップページ | ジャワ島地震現地から⑦/06年7月 »