2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009.10.28

年のせい!

一週間ほど前に、朝起きたら腰が痛い。強い痛みでないからそのままにしていました。

昨日、午前と午後と下を向いた時に痛みが走ります。そんなんで、夕食はテルテル坊主が作ってくれました。テルテル坊主は、インフルエンザのために今週は部活が休みです。テルテル坊主が作る食事は、どうしてこんなに美味しいのかしら。

…と、そんな訳で、今日整形外科に行ってきました。

レントゲンを撮って、診察室でお医者さんに症状を言うと・・・

「あぁ~、骨と骨の間のクッションみたいな所。ここはレントゲンに写らない。分類すれば、老化。」

なんだって。

コルセット、痛み止めの薬、胃薬、シップをもらってお終いでした。

老化だって。

腰の痛みより「老化」のほうが心が痛いわ。

午後から布団に入って寝ていました。

あ~、夜、眠れるかな??

2009.10.19

CIDPが特定疾患に追加

今年の春に、特定疾患に11疾患が増えると決まりました。

その後、政権が交代するし、厚労省大臣が代わるしで、先月やっと特定懇が開催され、11疾患の追加と、基準が決まりました。

先週金曜日(10月16日)厚労省の発表で、10月中に申請を開始する。12月31日までに申請のあった分については、10月1日にさかのぼって医療費の需給になる。

この日をどれだけ待ち望んでいたことか。

うちの子、身体障害者手帳を持っているので、難病対策の遅れを実感します。難病対策が、前進したことが、本当にうれしいです。

札幌市では「札幌市難病ガイドブック」を発行しています。今年度分を保健センターに行ってもらってきました。特定疾患のところを載せます。ご参考にしてください。

「1.pdf」をダウンロード

「3.pdf」をダウンロード

2009.10.07

JR札幌駅での室内楽

Cimg2549 JR札幌駅を歩いていると、人だかりの中から「天国と地獄」が聞こえてきます。札響のメンバーによる木管5重奏でした。楽器や曲の説明をしながら「となりのトトロ」「組曲カルメン」「くまんばちの飛行」など数曲を演奏していました。

放送大学の面接授業(集中講義)でクラシック音楽を受講した時に、とても幸せだった三日間を思い出しました。この時に「のだめカンタービレ」の話しが出たのがきっかけとなりDVDを借りて以来はまっています。

クラシック音楽といえば、お行儀良く聞くものだとイメージがありますが、周りの雑踏の音と、音楽が混ざり合っていて、それが自然でしたので、とても不思議な空間でした。

2009.10.06

朝里川温泉日帰り旅行

今年度は町内会の班長が回ってきて、女性部担当です。女性部の仕事の一つに日帰り旅行があります。今年は朝里川温泉日帰り旅行を企画しました。

ホテルの送迎バスに乗って一路朝里川まで。途中に朝里ダムによりました。

Dsc01187

Dsc01199_2

紅葉にはまだ早い時期でした。あと1週間か10日後には見ごろになるでしょう。ダム建設が決まって50年たった今になって建設中止になた所と重なります。今頃になってから中止にしますって言われたって、地元の人は納得できないよ。・・・そんなことを感じました。

ホテルのホームページに、近隣の紹介が出ていて、その中に「魚留の滝」があったので、楽しみにしていましたが、運転手さんは場所が分りませんでした。「魚留の滝」の看板だけを見てきました。

利用したホテルは、朝里川温泉クラッセホテルです。以前のプリンスホテルです。日帰り温泉プランを利用しました。

Dsc01202

お弁当は和食です。これにお味噌汁が付きます。そういえば、我が家にも松花堂弁当箱があったな。久々に出そうか。

美味しい食事をしながらのおしゃべり。向かいの席に座っていた方、一人は以前難病連の手伝いをしていたことがあり、今の難病センターができる前から知っています。その隣の方は現在週1回ボランティアに行っているそうです。どうりで、どこかでお目にかかったことがあると思いましたもの。お2人とも難病連の移り変わりをご存知です。時代とともに変わったそうです。私は今年5月からなので、現在のことしか知りませんが、とても勉強になりました。

ホテルの近くには山頂までの1時間と川沿いの15分のトレッキングコースが二つあります。ホテルにあった地図を見ながら3人で行きました。

Dsc01203

ホテルと隣にあるテニスコートの間にある道を行ってみます。「ほたるん公園朝里」の看板の左側を歩きます。途中に看板があったのでしょう。朽ち果てていて枠が道端に転がっていました。あまり人は行っていないらしく、獣道のようになってしまっています。途中で引き返して、今度は反対側のホテルの向い側にある川のほうに行ってみました。

Dsc01207

朝里川です。トレッキングコースを探しながら歩いていたのですが、良く分らなかった。戻ってみると、川沿いに遊歩道がありました。

Dsc01208

ホテルに戻って、帰る時間まで1時間ありましたので、温泉に入りました。あまり温泉は好きではありませんので、最後に入ったのはいつだったか覚えていません。露天風呂の初体験をしました。露天風呂って結構いいですね。

帰りは何処にも寄りませんので、バスの中ではしっかり眠っていました。

2009.10.03

09年10月インドネシア料理教室

毎年2開催しているインドネシア料理教室。受付に行くと、

「あれ、ひかりさん、申し込み無いよ。」

「あれれ、メール送ったよ。」

出席のメールを出したら返信が来るのに、今回は無かったから不思議に思っていたら、どうも届いていなかったようです。参加が許可になり良かったね。

Dsc01160_2

今日はインドネシア人でも珍しい、スラウエシ島の料理です。まずは講師のスラウエシ島出身の女性から説明を受けます。レシピを片手に聞き入っています。

私の調理台にお料理が上手なインドネシア人男性がいました。包丁を持つ手がなれています。

Dsc01170

写真はレモングラスと長ネギです。レモングラスは匂いが強いから虫除けになるんだって。レモンは魚の臭みを取るそうです。

スラウエシ島にタナ・トラジャがあります。ここはとても変わった文化で、人が亡くなると、土葬や火葬にしないんです。 伝統的な住居も特徴的で、トラジャコーヒーの産地です。一度は行ってみたい所です。今は車で8時間かけて行かなければなりませんが、5年後には空港ができるそうです。空港ができてから行こうかしら。

今日のメニューは、茄子のココナッツ煮込み、蒸し菓子、レモン味の魚スープ、焼き魚の野菜ソースかけ、ご飯、お茶。お茶は私の大好きなジャスミンティーのようなお茶でした。作り方は、カテゴリーの「料理」の中にあります。

できた料理を全員で「いただきます」をする前に食べ始めている、私達のテーブル。

食事が終わり、後片付けも終わっても、お楽しみは続きます。

Dsc01183

バリダンスは「歓迎の踊り」。バリでは毎日、夜になると、ガムラン、ケチャ、ジェゴグが鑑賞できます。

今年は3組が結婚しましたので、ヌサンタラからお祝いの贈呈がありました。3組のうち2組はインドネシア人男性と日本人女性のカップルです。インドネシア人と接していると、国籍のことは感じたことが無いのですが、これって国際結婚なんですね。やっと気付きました。手続きの話しを聞きましたが、大変そうでした。

ヌサンタラ会では5年間里親になって子どもに奨学金を出している人に表彰状を贈っています。今回は数人がいました。その中に一度お目にかかりたい方がいましたので、終わってからお話をしました。その方は、私が子供の頃住んでいた近くに事務所を構えています。その方と商店街のホームページを見たときに、子供の頃を思い出し懐かしかったです。大型店の進出で商店街は以前のような活気が無くなった所が多いのですが、ここの商店街は全国から視察に来るくらい元気です。

昨日(10月2日)はインドネシアではバティックの日で、バティックを着ましょうの日です。1日遅れになりましたが、私もバティックの割烹着を着ました。

Ikan Bakar Dabu-dabu(焼き魚の野菜ソースかけ)

Dsc01174

スラウエシ島の料理です。

☆材料(12人分)

さば 4匹、レモン 4個、シャロット 12個、トマト 4個、唐辛子 4本、サラダ油 適当、塩 適当

☆作り方

1:鯖ははらわたを取り水洗いし、裏と表に斜めに切込みを入れ、レモンと塩を振りかける(切り込みの中にも)。10分くらい経ってから焼く。

2:シャロット薄切りにし、トマトは一口大に、唐辛子は小口切りにして、器に入れて混ぜます。

3:2の器に温めた油とレモンを順番に入れます。油はかけたときにジューというくらいお鍋油を入れて火にかけて熱くします。

4:焼きあがったさかなをお皿に盛り、3のソースを上からかけます。

レモンは魚の臭みを取ります。このお料理、結構美味しかった。

Kuah Asam(レモン味の魚スープ)

Dsc01175

スラウエシ島のお料理です。

☆材料(10~12人分)

骨がたくさんある魚類(魚のあら)2匹、レモン 2個、レモングラス(たたく)2本、長ネギ 2本、トマト 2個、唐辛子 3本、つぶしたにんにく 小さじ2、つぶしたシャロット 小さじ2、サラダ油、塩 各適当

☆作り方

1:魚はうろこを取って水洗いし、適当な大きさにきります。

2:ボールに1の魚と1個の適当に切ったレモンを入れて、5分くらいつけておきます。

3:その間にレモングラスを叩いてしばり、長ネギは小口切り、トマトは一口大に、唐辛子を切ります。

4:鍋に2の魚を水切りし、適量の水で煮えるまで煮ます。レモンは棄てます。

5:フライパンに多めの油を入れてにんにくとシャロット、レモングラスの順番に入れて、少し炒めて火を止めます。

7:6を4の鍋に入れます。

8:トマトと塩を入れて味付けし、火を止めます。

9:8に残ったレモン汁(1個)を入れて出来上がりです。

Kue Kopi-kopi Minyan(蒸し菓子)

Dsc01165

スラウエシ島のお菓子です。

Kopiはコーヒーのこと。コーヒー色したお菓子です。

☆材料(20個)

米粉 100g、黒砂糖 150g、パンダンリーフ 1枚、ココナッツミルク 大さじ3、つぶしたシャロット 大さじ1、サラダ油 大さじ1、水 3カップ、塩・カシューナッツ 各適当

☆作り方

1:シャロットを油でキツネ色になるまで炒めます。

2:きざんだ黒砂糖、米粉、縦に切込みを入れてしばったパンダンリーフに水を入れて、よく混ぜます。

3:黒砂糖が溶けたら、ココナッツミルクと炒めたシャロットを入れて、ゆっくり混ぜます。

4:蒸し器に水を入れて、沸騰してきたら容器に3を半分まで入れて蒸します。

5:蒸しあがったら、蒸し器から取り出し、荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

ついつい食べるのに夢中で、出来上がったお菓子の写真を撮るのを忘れていました。写真はパンダンリーフです。匂いをかいだら、インドネシアの市場、屋台、ショッピングモール、レストランを思い出しました。

Sayur Terong Santan(茄子のココナッツ煮込み)

Dsc01173_2

スラウエシ島のお料理です。

☆材料(12人分)

なす 12~15個、つぶしたにんにく 小さじ2、つぶしたシャロット 小さじ2、長ネギ 3本、唐辛子 3本、レモングラス 3本、サラダ油 大さじ3、ココナッツミルク 大さじ12、マグロ 適当、塩・水・スペアミント 各適当

☆作り方

1:なすは水洗いして縦に4つに切って、油で揚げておきます。 (焦げ目が付くまで)

2:フライパンに油を引いてからにんにくとシャロットを炒め、火が通ったらつぶしてしばったレモングラスを加え、ちょっと赤くなるまで炒めます。

3:フライパンに水とココナッツミルク半分を入れて、煮立ったら唐辛子を加えて煮込みます。

4:3になすと揚げて裂いたマグロを入れて煮込み、塩を入れて味付けします。

5:残ったココナッツミルクとなす、スペアミント、小口切りにした長ネギを入れてひと煮立ちしたら火を止めます。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »