2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« すごい! | トップページ | フィリピンの歌姫 グレース・ノノ »

2011.04.18

海域イスラーム社会の歴史 ミンダナオ・エスノヒストリー

Cimg2884 早瀬晋三 著
岩波書店 刊
2003年

==もくじ==
はしがき
序章
第1部 海域イスラーム王国群の形成
 第1章 歴史的地理世界としての海域イスラーム
  はじめに
  1 ブルネイ

  2 テルナテ・ティドレ
  3 マカッサル
  4 マギンダナオ
  5 スールー
  6 「海の領主」
  むすびにかえて
 第2章 マギンダナオ王国の成立
  はじめに
  1 先スペイン期のマギンダナオ
  2 「モロ戦争」(1565~1663年)
  3 スルタン・クダラトの時代
  むすびにかえて
 第3章 サンギル小王国の林立
  1 マルク(香料諸島)への中継地
  2 カトリックの影響
  3 サンギヘ諸島の諸小国の成り立ち
  4 領域
  むすびにかえて
 インタールード(幕間)
  1 1764~71年日本人の南海漂流記
  2 1774~76年イギリス人・ギブス人のボルネオ東北部からニューギニアへの周航
  3 1838~39年スラウエシ東北部の捕虜奴隷の記録
第Ⅱ部 海域イスラーム社会の衰退とマイノリティ化
 第4章 ミンダナオの近代
  はじめに
  1 マギンダナオ王国の衰退
  2 19世紀のダバオ湾岸・サランガニ湾岸地域のイスラーム教徒
  3 近代植民地国家の成立とマイノリティ化
  むすびにかえて
 第5章 ダバオの社会変容―フロンティアの形成
  はじめに
  1 フロンティア社会形成以前のバゴボ社会
  2 外来者のもたらした社会的衝撃
  3 バゴボ人の社会変容
  むすびにかえて

ミンダナオ島のイスラームは、フィリピンの国家の枠組みの中で考えるより、小スンダ列島北部、スラウエシ島、ボルネオ島、ミンダナオ島の海域を一つの地域としてみた方が分かりやすい。
16世紀のはじめにイスラームが伝わり、その後にスペインが侵攻し「モロ戦争」が始まったが、スペインとの戦いを通してアイデンティティーを形成していった。20世紀初頭、アメリカの軍政期に入り、ミンダナオは大きな変容を遂げた。 

人気ブログランキングへ

« すごい! | トップページ | フィリピンの歌姫 グレース・ノノ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海域イスラーム社会の歴史 ミンダナオ・エスノヒストリー:

« すごい! | トップページ | フィリピンの歌姫 グレース・ノノ »