2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011.07.26

緊急時連絡カード

Cimg2938 神経内科専門病院の、北祐会神経内科病院に新しい病院長が就任し、記念講演会に行ってきました。難病連事務局長の「JPA東日本大震災 東北3県・茨城県難病連・難病支援センター状況調査と激励訪問」、院長先生の「神経難病患者さんへの災害時支援-「緊急時連絡カード」と支援の絆-」の二つがありました。

厚労省の研究事業に「重症難病患者の地域医療体制の構築に関する研究」班があります。ここで写真にある「緊急時連絡カード」を作り、配布しています。

これ、使えるなと思いました。

東日本大震災の翌日、下垂体の医療講演会に行ったときに、先生は患者さんにカードを持たせていると言っていました。意識がなくなると、周りの人は勝てにお財布を見るから、お財布に入れるように指導しているとの事。

だって、ステロイドを切らしたら大変な事になりますから。

このカード、来月にある患者会の交流会で皆に見てもらって、必要かどうか意見を聞いてみよっ。

納豆

Cimg2937 友人からもらったこの納豆。

Dr.冨ちゃんの納豆のススメという商品です。

北大で開発した納豆菌を使って、しかも遺伝子組み換え大豆を使ってできたものです。

遺伝子組み換えは薬では、インターフェロン、インスリンなどがあります。これからも遺伝子組み換えの薬が広がっていくような感じです。もしかしたら免疫グロブリンもこの中にはいるかもしれません。
ですから、遺伝子組み換え食品は抵抗が無いのです。

紙の箱に入ったこの納豆、とっても納豆臭く、昔の味がします。ご注文はこちらから。

人気ブログランキングへ

2011.07.18

雨の日のあじさい

Dsc01791 かたつむりの雨の日に
引越しします。
あじさいさん、ひまわりさん、
お世話になりました。
今度のうちはどんなうち・・・

シンデレラが保育園に行くときに歩きながら良く歌う歌ですが、この歌詞でいいのかどうか分かりません。一度保育園の先生に聞いたのですが、シンデレラが歌っているのと、歌詞と旋律が違うような気がするのです。

雨降りの日、我が家の庭にあるあじさいが咲きました。あじさいに雨は似合います。暑い時期に雨が降ると涼しくなり、ホッとするからかもしれません。あじさいが咲くと夏が来たのを感じます。品種を考えないで苗を買いましたので、庭に植えた年は、咲いた花を見て「あれ??これだっけ??」と、他の品種を植えようかなと思いましたが、そのままになっています。

ここ数日間は雨降りの日が多かったのですが、RUNAさんとCHIKAちゃんのピアノの発表会は雨がやみました。二人は晴れ女なのかもしれません。二人に花束を買って、私も聴きにいきました。

人気ブログランキングへ

2011.07.16

楽しかった2日間

ちょっと書くのが遅くなりました。

2日間の面接授業(集中講義)がありました。「グローバル化とアフリカ問題」です。面白そうなので受講しました。予想をはるかに超える大変面白い講義で、受講生からの質問や意見が時間が足りなくなるほど出されました。

受講生が、「暑くて服を着なくてもいい、裸足でもいい、食べる物はそこら辺にあるものを採って食べればいいなら、オレ、働かない。服や靴を買わなければならない、食べる物を買わなければならないから、働く。」との発言がありました。南北問題には、このような説があるのだそうです。

今はイスラーム社会の事の科目を履修しています。間違っていなくても、自分の文化と違う所を積み重ねると、誤解を生むころから始まります。アフリカの先生は、「ここも日本と同じですね」を連発していました。

1日目が終わった後、学生数名とカバゴン先生と「おしゃべり会」をしました。先生、カバゴンなどとお呼びする失礼をお許しください!(よし、許された!)
5時に集合し、途中で場所を変えましたが、アッと時計を見ると8時50分になっていました。先生の〆の言葉が、「明日を忘れずに」です。明日も面接授業があるのを、すっかり忘れていました。

カバゴン先生、面接授業の2日目、忘れずに受講しましたよ。
2日間とも、スッゴく楽しかったよ。

人気ブログランキングへ

2011.07.05

CIDP北海道支部「お知らせ」発行

難病連から、8月の全道集会の申込用紙が届き、慌てて「お知らせ」の原稿を書きました。今回の特集とも言える記事は「車いすであそぼう」です。ちょうどこの記事を書いている最中にテレビで「石井ちゃんが行く」に、2年半かけて書いた「北海道ユニバーサルツーリズムガイド」を紹介されていましたので、翌日注文しました。内容が充実していますので、早速お知らせで紹介しました。

平成18年にバリアフリー法が施行されてから、車いすで利用できる所が増えているようです。道東には、看護師のご夫婦が病院と自宅の往復しか出来ない患者さんが旅行が出来るようにと宿泊施設を作り(入浴介助あり)、別の所では、車いす利用者がカヌーでの川下り、乗馬等、色々な事に挑戦できる所もありました。

8月にある難病連全道集会の分科会では病院のリハビリーテーション科の作業療法士にお越しいただき「リハビリ教室」を開きます。作業療法士と打ち合わせに入りました。とても良い時間になりそうです。

今回は付録が付いています。社団法人「日本血液製剤協会」で発行している、「免疫グロブリン製剤による感染症と自己免疫疾患の治療-患者さんのためのハンドブック-」です。協会のホームページにも書いてある内容と同じですが、患者さん全員がネットを使えるわけではないので、冊子にしたそうです。CIDPの治療の主流は血液製剤の免疫グロブリンです。薬の事は知っておいたほうがいいと思いましたので、同封しました。

さぁーてと・・・

分科会の準備をしましょう。

人気ブログランキングへ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »