2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012.11.29

北海道議会・保健福祉常任委員会

2012年11月26日に開催されました、北海道議会・保健福祉常任委員会において、広田まゆみ議員の質問と、その答弁の概要を、広田議員のFb記事を転載させていただきます。
長いですが、福祉政策は今、変わり目なので、北海道の動きをお伝えします。

   。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

一 障害者基本計画について
(一)地域生活の支援体制の充実における
権利擁護の位置づけについて
(質問)
サービス提供だけではなく、権利保障、権利擁護などのチェック体制の視点も付加されるべきと考えるが、見解を伺います。
私としては、地域生活移行にあたって、権利擁護や成年後見制などの説明などが義務化あるいはマニュアル化されるべきであり、最低限、権利擁護センターや身近な相談窓口の電話番号のカードなどが当事者、家族に渡すなどが必要と考えるが見解を伺います。

...

(答弁)
権利擁護の取組等についてでありますが、障がいのある方が地域で安心して生活を送るためには、  虐待や差別の防止、暮らしづらさの解消など、身近な地域で権利擁護のための取組を進めていくことが重要と考えているところ。
 このため、道としては、第2期障がい者基本計画において、これまでの「北海道障がい者権利擁護センター」による虐待に関する相談への対応や市町村の虐待防止に関する取組への助言とともに、「地域づくり委員会」による差別や暮らしづらさの解消の取組のほか、 市町村における「地域自立支援協議会」を中心とした 相談支援体制の確保や「成年後見制度」の活用促進等について取り組むこととしているところ。また、市町村や相談支援事業所に対し、相談窓口が気軽に安心して利用されるためのPRや地域の相談機関等をまとめたパンフレットの作成・配布の好事例を紹介するなどして、制度や相談窓口が、より多くの方々に周知されるよう努めてまいる考え。

(二)親への支援について
(質問)
市町村における母子保健活動の中で早期に発見し、当事者団体や同じ経験を持つ親のネットワークにつながることがベストである。障がい児を持つ親に対し、障害受容への支援が必要と考えるが、見解を伺います。

(答弁)
親への支援についてでありますが、お子さんに障がいがあることなどがわかったとき、不安や戸惑いを感じ、受け入れるのに時間のかかる親御さんもいることから、そうした方々の気持ちに寄り添った支援が必要であると考えているところ。
 このため、道としては、次期計画において、  障がいや発達の遅れのある子どもの家族が、より身近な地域で必要な相談が受けられるよう、市町村子ども発達支援センターの整備を促進するとともに、乳幼児健診や相談等に携わる職員を対象に、親に対する支援手法などを内容とした研修を実施するほか、障がいのある子どもを育てた親が、自らの経験を活かし、相談支援を行う、いわゆるペアレントメンターを養成するなど支援体制の整備に取り組み、家族の支援の促進に努めることとしているところ。 

(三)インクルーシブ教育について
(質問)
障害者権利条約の理念を踏まえたインクルーシブ教育についての記載は評価。
本来の「特別支援」の定義は、1人ひとりが特別に支援される権利があるという認識。
今後、どのように市町村や市町村の教育サイドに働きかけをされていこうとするのか伺います。

(答弁)
障がいのある子どもの教育についてでありますが、道教委では、平成20年3月に策定した「特別支援教育に関する基本方針」の下、一人一人の教育的ニーズに応じた専門性の高い教育を推進すること、できるだけ身近な地域において指導や支援を受けられる体制を整備し、きめ細やかな教育を推進すること、 の2つの基本的な考え方に基づき、市町村教育委員会と連携を図りながら、特別支援教育を推進してきたところ。
 こうした中、本年7月、国の中央教育審議会の報告において、「障害者の権利に関する条約」に基づく、インクルーシブ教育システムの構築のため、特別支援教育を着実に進めていく必要があることなどが示されたことから、道教委としては、この度の次期計画素案においてインクルーシブ教育システムの構築を目指した特別支援教育の充実について盛り込んだところであり、今後とも、就学相談や就学先決定の在り方に係る制度改正など、国の施策展開に注視しつつ、市町村と十分に連携を図りながら、障がいのある子どもの教育の一層の充実に努めてまいる考え。

(四)障がい者の権利条約の批准について
(質問)
道のこの計画は、条約の理念に基づき、先進的に取り組まれていると理解。批准は急務と思うが道としての見解を伺います。

(答弁)
障害者の権利に関する条約の批准についてでありますが、現在、国においては、条約を批准するために必要な国内法の整備や障がい者制度の改革を進めてきており、昨年8月に改正された障害者基本法では、障がいのある方々が、障がいのない方々と等しく地域社会で共生することや障がいを理由とした差別の禁止などについて新たに規定されたところ。
これを受け、道としては、障がいのある人も、ない人も、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目指し、次期計画の策定を進めているところ。
また、障がいのある方々が、社会を構成する一員として、あらゆる分野の活動に参加する機会が確保されるためには、条約の批准は欠かせないものと考えていることから、今後とも、国に対し、条約の早期批准に向けた法整備等を着実に進めるよう働きかけてまいる考え。

二 自殺対策行動計画について
(一)今後の啓発活動について
(質問)
啓発フォーラムに参加したが、参加者も少なく関係者へのPRが不足しているのではないか。どのような人を対象にどのように今後啓発していくつもりなのか。課題として認識していることを踏まえてピンポイントに対策を打つべきと考えるが見解を伺う。

(答弁)
今後の啓発活動についてでありますが、自殺予防を図るためには、日常生活を営む様々な場面で  自殺に追い込まれる可能性があるという意識の醸成や、自らの心の不調や周りの人の心の不調に気づき、適切に対処するための道民に対する広報や教育活動が重要と考えているところ。
 このため、道としては、平成18年度から毎年度、自殺予防週間や自殺対策強化月間に合わせ、心の健康や自死遺族支援、多重債務問題などをテーマとしたフォーラムを開催するとともに、平成21年度からは、テレビや新聞、インターネットなどを活用し、自殺予防における道民一人ひとりの役割について理解を促してきたところ
今後は、広く道民に対し、自殺に関する正しい知識の普及はもとより、相談窓口や自殺予防に関する学習機会の周知に努めるほか、北海道自殺対策連絡会議において、毎年度、実施している事業を検証・評価し、必要に応じて見直しを行うなどして、より効果的な啓発事業の実施に取り組んでまいりたい。

(二)自殺未遂者、遺族への支援について
(質問)
自殺は防げるものとはいえ、とくに遺族にとってつらい言葉である。誰のせいでも無いとも言える。
自殺防止と合わせて、未遂者への支援やその家族、遺族への支援が必要と考えるが見解を伺う。

(答弁)
自殺未遂者などへの支援についてでありますが、 自殺未遂者については、再び自殺を企図する可能性が高いことや、自死遺族の多くは、心身の健康不安など様々な困難を抱えていることから、こうした方々への支援は、必要であると考えているところ。
 このため、道としては、精神保健福祉センターにおいて、保健・医療・福祉や教育関係者などを対象に自殺未遂者に対する適切な支援を学ぶ研修会を開催するほか、保健所においては、その家族に対する相談支援とともに、遺族の方々に対しては、自死遺族の会の活動の支援や、全道交流会を開催しているところ。
  次期計画においては、自殺未遂者やその家族が、医療や相談などの継続したケアを受けられるよう、 救急医療機関や精神科医療機関、保健所等の関係機関による連携強化のほか、遺族自身が同じ悩みを抱える他の遺族の支援者となれるよう、相談技術を習得する研修の実施などに重点的に取り組んでまいる考え。

(三)ゲートキーパーの養成のあり方について
(質問)
養成数や分野、様々な相談センターとの連携はどうなっているのか
単独で養成するよりも連携した方がより効果的ではないかと考えるが見解を伺う。

(答弁)
ゲートキーパーの養成についてでありますが、 自殺のリスクが高い人の早期発見・早期対応を図るためには、自殺のサインに気づき、見守り、必要な専門機関につなげる人材の養成は大変重要なことと認識しているところ。
 このため、道としては、平成21年度から、医療・介護関係者や労働関係者、教職員などを対象に、  「自殺予防ゲートキーパー研修」を実施しており、  今年度末での研修修了予定者は、約2,500人となっているところ。
 また、平成23年度からは、心の悩みに関するカウセンリング等を行う相談支援機関と連携し、ゲートキーパーのスキルアップのため、専門的な相談技術の習得を中心としたセミナーや公開講座を実施しているところ。
今後は、地域住民と接する機会が多い、薬剤師や理容師などの様々な団体等と連携しながら、ゲートキーパー研修を実施し、自殺予防に向けた人材の養成に努めてまいる考え。

(四)新計画の重点について
(質問)
全国及び北海道における自殺要因の特徴として、うつ病などに起因する自殺、若年層の死亡原因の1位であること、また地域偏在などが考えられるが、道としては、課題をどのように認識し、どのように新しい計画の重点とされたのか伺う。

(答弁)
次期計画についてでありますが、平成20年に、自殺対策行動計画を策定した以降、自殺者数は減少傾向にあるものの、依然、多くの方々が自ら尊い命を絶っていることは、大変深刻な事態と考えているところ。
 また、委員ご指摘のように道内では、自殺死亡率に地域偏在が見られるほか、若年者の死亡原因で自殺が最も多いことや、健康問題を原因・動機とする自殺者の約半数がうつ病等の精神疾患に罹患していることなどが課題となっているところ。
 このため、道としては、次期計画において、  うつ病の早期発見に向けたかかりつけ医を対象とした研修会の開催とともに、児童生徒の心の健康教育や、 いじめ等の問題行動への取組の充実のほか、自殺未遂者、自死遺族に対する支援や様々な分野でのゲートキーパーの養成などに重点的に取り組むなど、今後とも、何ものにも代え難い大切な命を守り、自殺のない社会の実現を目指してまいる考え。

(指摘)インクルーシブ教育について
障がいや難病を抱えて生きることや多様性を共感することは、「いのち」を感じる授業でもある。
今、障がいのある家族がインクルーシブ教育を受けると、たたかいながら孤立して通う場合も多く、たった一人ではいじめの対象になることもある。
しかし、いろいろな人がいろいろな人生を生きていることを学ぶのは失敗に対し強くなることにも繋がる。
私の仮説では、インクルーシブ教育により子どもたちのこころの問題の多くは解決するとみている。障がいを持つ人たちのピアカウンセリングなどから学ぶことも多いと考えるところ。インクルーシブ教育の取組を強く期待する。

障害のある人の働く

NHKのサイト「NHK福祉ポータル ハートネット」があります。
11月上旬の記事に、JPA(日本難病疾病団体協議会)事務局長:水谷さんのお話しが掲載されていました。
難病の人達の働くについてです。
http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/1300/136908.html

障害者手帳を持っている人は、障害者枠で仕事を探せますが、手帳をもらうのに、障害が固定されてから1年半後に申請になります。
難病患者さんは、障害が固定されないので、障害者手帳をもらえない人が多いいのです。
でも、痛みや筋力低下、通院等があり、配慮が必要としています。

番組に寄せられたコメントは精神障害、発達障害が多かったそうです。

Eテレ
放送日時
12月3日(月)午後8時~
12月4日(火)午後8時~
再放送
12月10日午後1:05~
12月11日午後1:05~

2012.11.24

豚丼の店「ぱんちょう」(帯広市)

Photo_3帯広に行ったらかなず食べようと思っていたのが豚丼。
帯広は豚丼が有名です。

元祖豚丼のお店「ぱんちょう」に行ってきました。30分くらい並んだかな。
お天気が良かったから並んでいられました。

料金が、松竹梅ってあって、ご飯の量は同じで、豚肉の量が違うのです。
私は一番量の少ない3枚入っているのとなめこ汁を注文。

Photo_4食べた感じでは、豚肉は炭で焼いているみたい。
タレは甘すぎなくて、私好みだわ。
テイクアウトもあります。

住所:帯広市西1条南11丁目19
(JR帯広駅北側の向かい)
電話:0155-22-1974

六花亭本店(帯広市)

Photo_5
お昼ご飯は豚丼を食べてお腹がいっぱいになったのに、次の予定は「六花亭本店」でデザートを食べることです。

1階が店舗、2階が喫茶店、3階は絵本のようです。
・・・ようですと言うのは、行ってないんです。
お腹がいっぱいになって行く気力がなくなりました。

私はおしるこを注文。

Photo_6箸休めの昆布がついてきました。
あぁ~、おいしかったわ。

六花亭のサイトです。http://www.rokkatei.co.jp/

おもちゃの館タイムトンネル(幕別町)

Photo_7ここは昭和30年代~40年代のものを中心にオーナーが40年かけて収集したおもちゃが展示してあります。
決して高価なおもちゃではありませんが、どこの家庭にもあったものです。

永谷園のお茶漬けに入っていた東海道五十三次のカード、
銀行で出していたセルロイド(?)の貯金箱、
製薬会社の緑色のカエルの人形、
ウルトラQの怪獣、
タイガース(グループサウンズ)のピー、黛ジュン、ザ・ピーナッツのポスター、
ブリキのおもちゃ、
鉄人28号、オバQ、ペコちゃん、ポコちゃん、
赤ちゃんがいる家庭ならどこにもあった、天井にぶら下げて使う、メリーゴーランド(?)、
ビンの王冠、

おもちゃじゃないけど、小さいサイズのウイスキーやブランデーのボトルもあったわ。

一気に子供時代に帰ってような感じ。

住所:幕別町札内西町60-1
入館料:大人500円、子供250円
開館時間:10:00~18:00頃
駐車場:あり
定休日:火・水曜日(休みの日でも近くにいることがあるので、電話をするといいみたい。玄関に電話番号を書いた張り紙がしてあります。)

美珍楼(みちんろう)西家(さいか)

Photo_8夕食をネットで検索して調べると、中華で良さそうなところがありましたので、ここにしました。
予約を入れて大正解。
とっても混んでいるの。

ここの中華は美味しいわぁ~。
お値段もそんなに高くないし。
ランチはバイキングなんだって。

注文したお料理は6人で分けっこ。
写真を撮るまがなかったわ。
そんなんで、お料理の写真は無しね。

住所:帯広市西19条南2丁目(白樺通り)
電話:0155-33-0030
駐車場:あり
http://www.tokachi-gurume.jp/mitinrou.html

ペンション「和みの風」

Photo_9


Photo_10


今回の旅行を思い立ったのが、更新の度に読んでいるブログ「和みの風」の記事がきっかけです。
http://www9.plala.or.jp/nagominokaze/

オーナーのご夫婦は看護師で、仕事をしていると自宅と病院の往復だけの患者さんがいる。疾患や障害を抱えていても旅行を楽しめるようにと、ペンションを経営したのです。

看護雑誌から原稿の依頼が来て書いたのをブログに載ったので、読むと無性に行きたくなったのです。
私はね、多様性は選択肢を増やすのではないと思うんです。
選択肢を増やしていくと、行き詰まっちゃう気がするんです。
それで、和みの風ではどうしているのか、見に行きたくなったんです。

木を基調にしているので、木のぬくもりがあります。
上の写真の左上は、廊下です。壁にあるのは木の手すりです。
右上は、部屋の名前を書いたプレートです。
左下は、お部屋の内部。
右下は、ラウンジにある薪ストーブです。

下の写真の左上は、朝食。
右上は、ペンションで飼っているロバの親子。
左下は、ラウンジの一角、ストーブの向かい側です。
右下は、宿泊している子がロバに餌をあげています。

薪ストーブの熱って、柔らかいんですよね。
広めのお風呂には、オルゴールが鳴っているの。ジブリの曲が流れていたわ。
廊下からラウンジに行く途中に、秘密基地があるんです。
この日の宿泊客は3組で、お客さんどうしの関わりも自然にできるんです。

夜は星がたくさん見えて、月があんなに明るいとは思いませんでした。
夏になると、天の川が見えるんだって。
次回は夏に行こっ。

鹿追 道の駅

Photo_11


和みの風を10時に出て、次の目的地まで行くのに時間がありましたので、道の駅に寄ってみました。

写真の左側が道の駅の建物です。
自分の家で使うものをいくつか買って帰ろうとしたら、玄関近くで、クリスマスリース作りを500円でできますって、書いてあるの。
テーブルには材料が並んでいるの。
お姫が作りたいって言うから、ストーブにあたりながら、コーヒーを飲んで待っていたわ。
てるてる坊主は、オニオンスープを注文。
美味しいって。
お姫が作り終わるまでに、買ったものを並べて写真を撮ったのが右側です。

道の駅って寄ってみるもんだわ。

レストラン「大草原の小さな家」(鹿追町)

Photo_12

てるてる坊主が一番楽しみにしていたランチバイキング。
「大草原の小さな家」って、本当にその通りだわ。
大草原の中にある小さなレストランです。
ほぼ満席です。

ここのお料理は十勝で取れた食材を使っています。
十勝は農業と酪農ですから、食材が豊富なのです。
和食を中心に、とんかつやデザートもあります。
お料理は薄味で、とっても美味しいの。
美味しい卯の花って何年ぶりに食べたかしら。

1時間コースにしてちょうど良かったわ。

場所:鹿追町笹川北7線11-3
電話:0156-66-2200
ランチバイキングの時間:11:00~14:30
料金:60分食べ放題 大人1500円、子供950円

十勝の風景

Photo_14


東北6県よりもまだ広い北海道。
ひたすら車で走りましたわ。
札幌から帯広まで、高速道路でつながったので、早く行けるようになりました。

写真の左上は、収穫が終わった畑に白鳥がいるのでないかと思うんです。鳴き声も白鳥のようだったわ。
右上は、高速道路のパーキングエリア。
左下は、高速道路を帯広から札幌に向かっていく側にある、景色を見るのに車を止める場所があるのです。
右下は、乾燥させた牧草ロールです。

2012.11.22

十勝・帯広方面の情報誌

1泊2日の帯広旅行。
今時期はガイドブックがシーズン中に比べると書店に置いてある数が少ないような気がします。
北海道は冬期休業のところがあるので、開業しているかどうかを確かめなければなりません。
宿泊の場所と2日目の昼食は決まっているのですが、その他の計画を立てるのに困っていました。

それが、あるんですね。
十勝・帯広方面の情報誌のサイトが。
http://www.shun.tv/
ネットって便利ですね。

旅行から帰ってきてから、この記事に写真を入れましょう。

2012.11.19

堅信式

18日(日)は、手稲教会で、西ブロック合同の堅信式がありました。

この日は強風と雨で、傘が壊れてしまいました。
いつもならこんな天気の日は、出かけないのですが、知り合いが堅信するのでお祝いにお花を持って行きました。
前の教会でご一緒だったご夫婦も来ていて、久しぶりのおしゃべりを楽しみました。

ミサを司式した司教様のブログに記事が載っていますので、リンクしますね。http://bishopkikuchi.cocolog-nifty.com/diary/2012/11/post-1144.html
手稲教会の聖堂は、ノアの方舟をイメージして作られました。

手稲教会のミサは、あまり型にはまっていなくて、私向きかも。

2012.11.15

インフルエンザ予防

今日・・・といっても日付が変わったから、昨日になりますが、今季初めてのインフルエンザの患者が出ました。
冬が来たなって思います。

製薬会社の基準では、ステロイドを服用していると、インフルエンザの予防接種ができないとのこと。
そこで、対策としてアロマテラピーを導入しました。
使っているの抗菌作用が期待できるティートゥリーです。

ひと冬試してみます。

2012.11.10

DVD2本到着

Cd我が家にエルビス・プレスリーが来たよ。
注文していたDVDが届いたのです。

私が初めてエルビスの映画を観たのは「エルビス・オン・ステージ」。
開場前に並んだわ。中学生の時だった。
前に並んでいたおばさんが、エルビスを熱く語っていたのには引いちゃったけど。

エルビスはかっこよかった。
エルビスを語ると、目つきが変わっていたもんね。
旦那がうるさかったから、封印したの。

で、その封印を解いたわけ。

こうしてDVDを見ていると、エルビスって可愛いねぇ~♪

寿命が延びたわ。

エルビスが亡くなったのは1977年8月16日で42歳。
いつの間にかエルビスの年齢を超えていたんですね。

2012.11.04

スープカリー

Photo会議終了後に立ち寄ったスープカリーのお店。
ここのスープカリーは美味しいのぉ~。
辛さが10段階選べて、前回は3にしてもらい、まだまだいけると思ったから、今回は5にしたの。
そしたら、とっても辛くて涙が出てきたわ。
薄めるスープを足してもらいました。
でね、ここのお店、とってもくつろげるの。...
寝てる人がいるんだって。
わかるなぁ~、その気持ち。
お店の人、コーヒー1杯で何時間いてもいいよって。
また今度行こう。
あっ、ダッフィーくんには辛すぎて食べられないから、私一人で食べたわ。
帰りは雨が降っていました。
傘持ってこなかった。
お店の人が、傘を貸しますかって言ってくれたけど、狸小路のアーケードを歩くから大丈夫と、お断りしました。お店は、狸小路のすぐ近くにあります。
雨が降ると頭をよぎる歌があります。
♪雨に濡れながら たたずむひとがいるぅ~
私が雨に濡れながら佇むのは、信号待ちの時だけですが。

2012.11.03

北海道難病連理事会

Photo_3北海道難病連の理事会。
4時間の会議は、いつものことながら、よく分かりませんでした。
難病連は、組織がでかいわ、活動が活発だわ、地域ごとに支部や地区があるわで。 おまけに、難病対策は変わり目だし、法人格持っているから、法律が絡んでくるし。
でもね、出席することに意義があるのよ。良く分からなくても流れくらいは掴んでおかなきゃね。

はじめて隣になった人と休憩時間に意気投合しちゃいました。担当医がママと同じ先生なんですもの。ママは教授だからと思うと、診察室に入ると緊張するんだけど、この方は「だって、もう発症してから25年ですもの」と、緊張しないって。生活上の工夫を聞きました。助けを求めると助けてくれるよって、言っていました。
声が元気で、お口が達者だと、誰も具合悪い人だとは思わないって。

 

 

連絡先の交換です。
おしゃべり相手、みっけ♪

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »