2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013.04.29

まだまだ寒い

Photoゴールデンウィークが始まったのですが、今日は風雨で寒い一日でした。
一日中家にいてぼーっとしていましたので、午前中にこの場所(写真)で説明会がある張り紙に気づいたのが終わってからでした。お天気が悪かったので中止になったかもしれませんね。
水芭蕉や春に咲く花は咲き、カエルの産卵が終わりましたが、木の緑はまだです。
春を探すのが楽しくなりました。

2013.04.27

カエルの産卵

Photo冬眠から目覚めたカエルが顔を出し、産卵が始まる時期を狙って行ってきました。
カエルが数匹カーカー言って鳴いてるの。カエルの鳴き声ってこんな感じだったかしら。

カメラを持って写真を撮っていると、お互いに声をかけ、情報交換が始まります。先週声をかけた人は、プロのカメラマンでした。季節は探すものなんだって。探し方と撮り方を教えてもらいました。一眼レフカメラを持っているのですが、使い方がわかりません。そのカメラ、いいカメラなんだからって褒められました。

ゴールデンウィークにはカメラを持ってお出かけしましょ。

2013.04.20

エルビスのお店

Photo

エルビス・プレスリーのファンになったのは中学生の頃でした。
映画「エルビス・オン・ステージ」や「エルビス・オン・ツアー」は映画館の会場前に並びました。
日本のゴールデンタイムに合わせて衛星中継で世界中に放送された「アロハ・フロム・ハワイ」は自宅のテレビで見ました。日本のファンのためにこの時間にしたのです。ハワイ時間は午前1時。
親は下品だと非難しますが、なぜか魅力があるのです。

最近、何十年ぶりにエルビスを聞くようになりました。「オン・ステージ」や「オン・ツアー」のDVDを見ていると、寿命が伸びると思います。
うちの坊やの活躍を目を細めてみている親御さんの心境です。
いつの間にかエルビスの年齢を超えていたのですね。

ハンバーガー、ピザ、スパゲッティー、カクテルが美味しいお店を見つけました。店内にエルビスのグッズが置いてあります。
お店に行くとエルビスに会いに行ったような感じがします。
エルビスは私の生きる力になっています。

2013.04.16

切り株きのこ

Photo
周りの景色を見たり、鳥のさえずりを聞きながらウオーキングをしていると、何かを見つけます。
高い木の一番上の枝に止まっている鳥を撮ってみたのですが、ピンボケです。
今日は切り株にきのこが生えているのを見つけました。
中に入れませんので見るだけです。
見ているとナメコのお味噌汁が食べたくなりました。

2013.04.14

雪解け

Photo_2歩道と車道の雪がほぼ融けた今月から、ウォーキングを始めました。
周りの景色を眺めながら歩いていると、ゆったりとした気分になります。
ここ(写真)の雪がすっかり融けるのが楽しみです。


2013.04.08

インドネシアのお土産

Soto_ayamバリのお土産に買ってきたSoto Ayam(鶏スープ)の素。
裏を見ると下中央のバーコードが緑色した鍋の形になっています。
こんなに可愛いバーコードなら」、お料理をする手が弾みますね。
ナシゴレン(炒めご飯)の素は鍋の色が赤いのだそうです。
こういうバーコードが広がるといいですね。


インドネシアの飴は小さめで美味しいので、Photo
行くと必ず買ってきます。
tamarinは酸っぱさのある豆でお料理に使いますが、私はあまり好きではありませんが、飴は好きなのです。口にできるtamarinの唯一のものです。
果物の味のを口にするたびに、どうして日本ではこの味ができないのかと不思議です。
日本のよりも少し強い味のミント飴も好きです。

飴が入っている皿の右側にあるのが、天日干しの海水から作った塩です。甘みとコクがあり、魚や肉を焼くときの下味や天ぷらをいただくときに使います。

2013.04.07

生きる支え

Photo

新聞に日ハムファンの女性が大きな記事になっていました。
スポーツが大好きで会社勤めをしていた女性がめまいやふらつきのために受診をしたところ脊髄小脳変性症と診断されました。
症状が進行して歩けなくなり、ろれつも回らなくなりました。
心配した友人が、彼女が大好きな森本稀哲選手のサインと、選手から「負けるなよ」との言葉とともに預ったリストバンドを届けました。
森本選手に励まされた彼女は、それからリハビリを始め、ゲームを観戦できるまで回復をし、昨年は初めて沖縄キャンプにいきました
... 栗山監督たち18人は「病気がよくなるおまじないに」と車椅子の車輪のカバーにサインをしました。
生きていくために力になるものって必要ですね。
彼女は日ハムと出会って本当に良かったと思いました。日ハムが生きる支えになっているのでしょうね。

以前、日ハムの応援に行く途中の車椅子に乗った全く歩けない女の子とお兄さん、お母さんに出会いました。赤い可愛い車椅子の車輪カバーには日ハムのロゴが入っています。お母さんが、ロゴを使える会社に特注したのだそうです。可愛くてかっこいい車椅子でした
家族で観戦するのですから、車椅子には家族の夢も乗せているのだなと思いました。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »