« まだまだ寒い | トップページ | 赤幡神楽 »

2013.05.06

解体新書

Photo
明和8(1771)年、杉田玄白、前野良沢、中川淳庵が腑分け(解剖)を見学したのがきっかけとなり、解剖学書のターベル・アナトシア他9冊以上の本を参考にして、日本初の本格的な訳本となった「解体新書」を安永3(1774)年に発行しました。
杉田玄白、前野良沢はオランダ語が読めなく、中川淳庵は翻訳するには不十分な語彙しかありませんでした。オランダ語の通詞は

Photo_2長崎にいるので聞くわけにもいかず、辞書もありません。そのような中で翻訳を進めて発行となりました。
ですから、不十分で誤訳が多いため、大槻玄沢が訳直し、文政9(1826)年「重訂解体新書」を刊行しました。

解体新書では「神気の経脈」と訳されているのが今で言う「神経」です。誤訳の「十二指腸」はそのまま今でも使われています。

Photo_4この貴重な本が、大分県中津市にある「大江医家資料館」で一般公開されています。解剖学の本には必ずと言っていいほど出てくる解体新書。本物を目の当たりにして興奮し、当時では慎重に本を扱い真剣に勉強していた様子が伺えます。

国立国会図書館のホームページから見られますので、アドレスをリンクしますね。
http://dl.ndl.go.jp/search/searchResult?categoryTypeNo=1&viewRestricted=1&categoryGroupCode=C&categoryCode=02&facetOpenedNodeIds=null%3A02&filters=K%3A%E8%A7%A3%E4%BD%93

|

« まだまだ寒い | トップページ | 赤幡神楽 »

健康・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42007/57324075

この記事へのトラックバック一覧です: 解体新書:

« まだまだ寒い | トップページ | 赤幡神楽 »