« 今年の抱負 | トップページ | アートアクアリウム展 »

2014.01.13

車いすのお話

車いすは障がいに応じて製作するものだと思っていました。
ところが、先日、解剖学と行動学に基づいて制作した車いす(以下新しい車椅子)の講義を受講しました。
2日間の講義は衝撃的でした。

例えば脳性まひの人、体のゆがみがあり、頑張って何かをしようとすると、筋肉がこわばるのです。そうすると、体のゆがみを矯正しようとしたり、足を車いすのフットレッグサポートに固定したりします。そうすると圧迫感があるんです。
ですが、新しい車いすのシーティングバキー(下の写真)に乗ると、体のゆがみや筋肉のこわばりが緩和され、楽なのです。
Photo

施設に入所している年配の方の場合、体が前傾して顔が下を向いているので、食事では食べ物をこぼしてしまします。顔が下を向いていると、誤嚥を起こす可能性が高いのです。誤嚥をすると肺炎を起こしたり、のどを詰まらせたりと、無くなる場合があります。
新しい車椅子のRXに乗ると、上体が起きて顔が正面を向きますので、食事が難なくとれますし、誤嚥の恐れも解消します。
顔が横を向けるようになりますので、コミュニケーションが取れやすくなります。

車いすに試乗してみましたら、腰回りが固定されるという感じがしました。
座っていて圧迫感が無く、楽です。

スーパーなどに置いてある標準型の車いすも試乗しました。背もたれの所を10度傾けるだけで座っていて楽になるのです。8度傾けるのがちょうどいい人もいました。

障がいが出る原因を作っているのは環境の場合があるのです。そのようなときは、環境を改善するといいのです。
シーティングバギーとRXは北海道で開発した車いすです。

|

« 今年の抱負 | トップページ | アートアクアリウム展 »

健康・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42007/58934556

この記事へのトラックバック一覧です: 車いすのお話:

« 今年の抱負 | トップページ | アートアクアリウム展 »