2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014.10.15

定山渓の紅葉

今年の秋は1日の寒暖の差が大きいために紅葉が綺麗だとのこと。
そこで、紅葉を見に定山渓に行きました。

定山渓ダムです。

Photo
今年初めてバッタを見たような。。。
Photo_2
ダムから流れている川の景色が綺麗だったわ~。

Photo_4
神社の隣の足湯のところには河童が。。。
足湯の温度は41度。私には熱めだったな。
Photo_3
定山渓温泉から朝里方面に行くとすぐにダム湖があります。
Photo_6

月が見えるの。何かいいことありそうな、そんな予感がするのです。

Photo_5
定山渓温泉にある商店で売っている饅頭がおいしいので買ってこうよと楽しみにしていたのですが、定休日でした。
ホテルのお土産屋さんで、こんなお酒を見つけたので「おばんでした」を購入。
Photo_8


2014.10.12

アルフォンス・デーケン先生の講演会

Photo
デーケン先生の講演会に行ってきました。タイトルは「いつも微笑みとともにー音楽の力とユーモアー」です。
会場に行くと主催者の「和・ハーモニー音楽療法研究会」代表のの中山先生とすれ違ったの。ただそれだけでテンションあがるわ~。
私は前から2番目の真ん中あたりの席を陣取りました。そうしたらね、講演開始直前にデーケン先生が会場入り。私の斜め前の席にお座りになったの。それだけで天国だわ~♪♪

ドイツのことわざに「歌う人の仲間に何時も入ってください。歌を歌う人に悪い人はいません」というようなのが有って、本当らしいよ。
映画を観ていると共通するものは犯罪者は歌わないんだって。...
ユーモアが無いの。生真面目に犯罪を考えている。まじめにすることとユーモアとのバランスが大事。
思い煩いはナンセンス。明日の天気で思い煩うんじゃない。晴れてもアーメン、雨でもハレルヤ。
亡くなる直前の人から、いくらドルが残っているのか調べてと頼まれたことがあるそうです。天国にドルは持って行けない。全部円になっている。
これからの自分はどんな能力があるのか?開発されていない能力があります。能力開発は挑戦の応答。
ジョークは言葉。行きすぎると人を傷つける。ユーモアは思いやりと愛の表現。
デーケン先生の講演は、こんな感じで面白くて示唆に富んでいます。
ご専門は哲学で、日本に死生学を初めて広めた方です。先生のご研究は個人的な体験から始まり、発展しているのだと思いました。

休憩時間にロビーで中山先生や先生の教え子と思われる人たちが、デーケン先生と交わりを持っいたのは麗しい光景でした。

2014.10.11

第6回放送大学北海道学習センター文化祭

Photo
北海道学習センターの学友会主催で文化祭が開催されました。
学習センターは北大との合築で、建物の5~6階にあります。
玄関を入ると放送大学のポスターがいつもあるのですが、昨年のに張り替えてありました。
講演内容に合わせて昨年度の学長の笑顔のポスターにしたのですね。

Photo_2
講演は、北海道大学名誉教授・放送大学客員教授の恒川先生で、演題は「笑いで育む人間力」です。
動物は笑わないと言われていますが、チンバンジーなどの類人猿は笑に近い表情や行動をするのだそうです。
笑は脳の中で活動とリラックスしている状態を作り出すから、笑いと集中力で実力発揮できるんだって!
造り笑でもナチュラルキラーが増えて、増えすぎている人は減少するの。
良い事聞いちゃった♪
講演の後は北大落研の落語です。

Photo_3
高座に上がったとたんに数名が写真を撮り始めました。
「写真を撮ってSNSにアップしてください」だって。
はい、facebookにアップしましたよ。
漫才を聞いて笑った後は、サークルの発表です。

ロビーではバザーをしていました。有田焼の小鉢がありましたので購入。
あんみつまめを入れてもいいかもね。
Photo_4


学長のキャラクターは「おばけ」ですので、帰りにおばけさんの付箋を買ってきました。
笑顔で勉強すると覚えられるかなと思って。。。
Photo_5

なんか、写真がでっかくなっちゃった~ι(´Д`υ)アセアセ

2014.10.05

第1回いっしょにね!文化祭

Photo午後から北方圏学術情報センターを会場にして「第1回いっしょにね!文化祭」に行ってきました。
ロビーにはボランティア犬がいてかわいいのぉ~。午前中にお仕事を終わって駆け付けたワンコがいました。10以上の作業所がお店を出していましたので、そこでちょこっとお買い物をした後は、ステージ発表を見ました。障害のあるなしに関係なくステージに立つのは、いいなぁ~って思いました。
北翔大学と障がい当事者講師の会すぷりんぐすのコラボでファッションショーがありました。手持ちの服にちょっと手を入れると着易くなるんですね。着れなくなったってあきらめていた服も手を入れると着れるようになるんですね。
ウエディングドレスを加工して、ドレスで車いすを覆うようにして、後ろのタイヤに巻き込まれないように工夫をしているの。
おしゃれって、大事よぉ~。

ステージ発表の最後は、北海道日本ハムファイターズ ダンスアカデミーによる、試合が始まる前のダンス、北海道にある4つのプロスポーツ共通のダンス、日ハムが勝った時のジンギスカンダンスを踊りました。球場で踊っているチームは華がありますね。
Photo_2会場のロビーには、田中選手、稲葉選手、新庄選手が使っていたバットが展示されていました。触っていいって書いてあったから持ったの。
バットってすっごく重いんだね。
素振りは出来ないわ。

作業所で製作販売しているものをちょこっと買って、ワンコと遊んで、ステージ発表を楽しんで、貴重なバットを持って、楽しい一日だったわ(*^-^)

2014.10.03

ニッカウヰスキー余市蒸留所

NHK朝の連続テレビ小説で「マッサン」が始まりました。
マッサンはニッカウヰスキーの創業者です。
そこで、放送大学北海道学習センターの道史サークルの見学会で行先の一つにニッカウヰスキー余市蒸留所がありましたので、参加しました。Photo_9

創業者の竹鶴政孝記念公園です。Photo_10

竹鶴政孝、リタ夫妻の自宅です。Photo_11
ニッカのマークが。。。Photo_12
ブラックニッカのラベルに描かれているのは実在する人物で、31種類のウイスキーの香りをかぎ分けられる人なんだそうです。左手にウイスキーを、右手には大麦を持っています。Photo_13

この樽に入れてウイスキーを熟成させます。建物は小樽から採れる石を運んできたそうです。Photo_14
創業当時からの石炭を燃やして蒸留する方法を、今でも行っています。Photo_15
見学している最中に、石炭を入れに職人さんが来ました。タイミングがいいです。Photo_16
こうして蒸留して10年間熟成させたのが「シングルモルト余市10年」です。10年も寝かせていると樽から蒸発して少なくなるので、お値段が高くなるのだそうです。
試飲ができますので、飲んでみると、甘味があってガツンとくる味がしました。10
創業したばかりの頃、熟成して販売できるまでの期間は、会社名を「大日本果汁株式会社」として、リンゴジュースを販売していたそうです。ニッカウヰスキーのニッカは、その社名の「日」と「果」をとりました。

小樽の観光船

小樽駅からまっすぐ海のほうに行き、小樽運河を越して1個目の信号の左側に、観光船の乗り場があります。
建物の中に入って乗船券を購入して乗船します。

Photo
この辺りの岸壁では魚が釣れるみたい。釣り人が大勢いました。Photo_2

出港した船は海に出て、一度小樽水族館近くの港に停まります。
この時に子供の頃を思い出しました。
家族で水族館に船で行ったことがありました。この航路だったんですね。Photo_3
小樽水族館を後にして、オタモイ方面に向かいます。
この切り立った岩は海からでしか見られませんね。Photo_4

しばらく行くと、岸壁に道路があるのが見えません?
写真の右側に横線が入っているでしょ。
今は通れませんが、昔は通れたのです。Photo_5
どこに行くかというと、(下の写真)ここなのです。
歓楽街があったのです。Photo_6
この先に行くと、この岩のところが紺碧なのですが、大きな岩穴の下を行くのは、釣りもできる別の船会社なのです。小樽運河にあります。Photo_7
しばらく船が止まってこの景色を見た後は、戻ります。
小樽港にはロシアからの船が停泊していました。
道内を回っているのだそうです。Photo_8
紅葉の時期だったらきれいでしょうね。
これからのお楽しみが増えました。












« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »