2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年3月

2015.03.27

癒しの方法

Photo_2
数日ぶりの青空でしたので、気分転換にカメラを持って公園に行ってきました。

ファインダーを覗くと焦点を合わせる小さい四角が見えます。
そこに集中してシャッターを切ります。
そうやって写真を数枚撮ると気持ちがすっきりするのです。
野鳥のさえずりを聞きながら公園内の散策は気持ちのいいものです。

エルビス・プレスリーのDVDを2~3曲見ると、頭の疲れが取れます。

お風呂場には防水になっているジュークタワーを置いて、オルゴール曲を聞きながら入浴しています。

アロマでは、ストレスを感じた時は、クラリセーゼとペパーミントを1滴づつで芳香浴をしています。クラリセーゼは癖のある香りですが、ペパーミントと合わせると癖になりそうな香りになります。
自然に深く深呼吸をしたいときは、ホーリーフ、ゼラニウム、オレンジウィートを1滴づつを使います。
3種類が1滴づつ落とせたときはショットした達成感も味わえます。
風邪やインフルエンザ対策では、ティートゥリー一滴、ユーカリ一滴、レモン2滴がいいです。

ハーブティーでは、カモミールがリラクゼーション効果があります。ブレンドして飲みやすいものに、カップ一杯にほんのわずかのミルクを入れるのも美味しいです。
寒さ対策には、ブラックペッパー、生姜、はちみつのレモン漬けなどが良いですね。

プールに入りウォーキングやプカプカ浮くだけでも、血圧が下がり、足のむくみが取れます。

体調を整えるのに、色々な方法を使っています。

2015.03.24

新・午前十時の映画祭

Photo

4月から新年度が始まります。
「新・午前十時の映画祭」の上映スケジュールが出ていました。
全国どこでもと言う訳ではありませんが、往年の映画が10:00~上映開始になりますので、このタイトルが付きました。
毎日10時からの1回だけの上映で、大人1,000円、学生500円です。
チケットを買う窓口で学生証を提示すれば、学生料金で見られます。
これからの1年間も魅力的な映画が上映になります。
「風と共に去りぬ」はスクリーンで見たいですね。
高倉健主演の映画もあります。

ブログにはアップしていませんが、何度か観に行っています。
札幌ではシネマフロンティアで上映していて、小さいほうのスクリーンですから、結構前で見ています。

2015.03.20

映画「風に立つライオン」

Photo
木曜日の映画館はレディースデイなので、1100円で観られます。
そこで、「風に立つライオン」を観に行きました。
12:20からのにしたのですが、いやぁ~、混んでた。
こんなにお客さんがいるのは土日だけだと思っていた。
レディースデイですもの、女性ばかりで男性はちらほら。。。
映画は予想以上の感動です。ティッシュ持って行って良かったわぁ~。
この映画はモデルとなる人物がいるのです。外科医で九州で先生をしておられます。その先生がアフリカで仕事をしていた時の経験が元になっています。

紛争が有る地域の養護施設では、施設に来る子の中で一番難しいケースは、目の前で親を殺された子です。紛争の時もあるし、そうでない時もある。

以前紛争が有った別の地域では、イスラームの伝統的な学校は全寮制ですので、親のいない子を受け入れて養護施設の役割を果たしています。親が政府側、反政府側、双方の戦闘に巻き込まれて親を亡くした子と3つのグループが出来ていた。

国連の平和維持軍は①武装解除②武装集団の指揮系統を断つ③教育を同時進行でしているとのこと。武装解除は力でするのではなく話し合いでしているそうです。武器を手放し壊すときの武装集団の人は、何の涙かは分からないが泣いているそうです。

映画を観ながら今まで見聞きしてきたことを思い出しました。

2015.03.16

インドネシア料理教室

Photo_15

ヌサンタラ・札幌インドネシア文化交流会では、年2回、札幌駅北口向かいのエルプラザ内にある料理実習室にてインドネシア料理教室を開催しています。
料理教室での料理が一番インドネシアの味に近いので、参加しています。
いくつもの香辛料を合わせて作るインドネシア料理は手が込んでいます。
まず先に、講師のインドネシア人から作り方を実演して教えてもらってから、私たちも作ります。
作り終わったら疲れてしまい、「よっこらしょ」といすに座り込んでしまいました。
同じテーブルの人たちとおしゃべりをしながら食べるお料理はおいしい。
そして、初めて会った人とも会話が弾むのです。
食事が終わり、後片付けをしてからは、インドネシア文化紹介です。
今回はバリの踊りと発表です。

料理教室に参加をし始めてから10年くらいになります。
今回は参加して、今までの10年間のインドネシアとの関わりを振り返り、人との出会いの大切さを感じました。

インドネシア料理教室:食材編

年2回開催されている、ヌサンタラ・札幌・インドネシア文化交流会主催によるインドネシア料理教室がありました。
今回は食材編です。お店で手に入らないものはネットで買えます。

ガランガル。しょうがに似ています。

Photo

キャンドルナッツ。油分が多くてカシューナッツ以上です。

Photo_3
ベーリーフ

Photo_4
パンダンリーフ。香りをかいでいるとインドネシアの街並みが思い出されます。

Photo_5

レモングラス。太い所は包丁で切り込みを入れて使います。

Photo_6
玉ねぎのフライ。ご飯の上に乗せたり鶏肉料理に乗せたりします。おかゆにトッピングしてもおいしい。にんにくを千切りにしたフライも同様に使うといいです。

Photo_7

サトウキビの砂糖。三温糖と黒砂糖の間みたいな感じです。これでお菓子を作るとおいしい。

Photo_8
テンペのフライ。テンペは大豆を発酵して作ったものです。そのテンペを切って素揚げにしたものがこれです。一時期テンペが流行して、何処のスーパーにも置いてありましたが、流行が終わると手に入りずらくなりました。

Photo_9
コリアンダー。インドネシアのコリアンダーは香りが強いです。

Photo_10
ライム。ライムの葉は初めて見たかも。。。

Photo_11
ビネガー。日本の酢よりも、ずっと酸っぱくないです。

Photo_12
ケチャップマニス。甘いソースのような感じの調味料です。カレーが辛かったらこれを入れると辛みが抑えられます。

Photo_13
ローゼル(ハイビスカス)花。ヤカン1個分にローゼルの花4~5個入れて沸騰させます。

Photo_14

2015.03.14

あの街でまた会おう

インドネシア人と日本人が、日本人学校の体育館に集まり歌を歌いました。気持ちが一つになったと思いました。
インドネシア人の皆さん、日本への思いをありがとうございます。これからも日イ友好が深まりますように。
ジャカルタ郊外にある日本人学校には一度見学に行ったことがあります。
幼稚園から中学まであり、一クラスが少人数でした。
子供たちの絵は色がきれいで、こういう色は日本では出せないなと思いました。幼稚園児はお祭りの時の絵をかいていて、太鼓をたたく足が踏ん張っているんです。小学校低学年も、生きている躍動感があります。高学年の習字では落ち着いて物事に取り組んでいる様子が出ています。
幼稚園では外のグラウンドで運動会の練習をしていました。暑くてヤダッていう子は一人もいません。小学生は授業態度がとてもよく一生懸命勉強をしていました。
インドネシアの事を勉強する科目があり、インドネシア人教師が教えています。保健の先生もインドネシア人です。
廊下ですれ違う子は伸び伸びとしているなって思いました。
学校を見学して、インドネシアの気候風土や社会文化の上に日本人学校が有ると感じました。

2015.03.09

美術系映画3本

美術系映画を3本紹介します。
まず先に「みんなのアムステルダム国立美術館へ」。
上映初日には上映後に、芸術の森美術館館長や道立近代美術館の方のトークがあり、映画の解説や道内の美術館の話を聞けて、楽しかったです。

もう一つは「ナショナルギャラリー 英国の至宝」。 これも見ごたえがありそうです。

最後は「バチカン美術館 天国への入り口」。 バチカンに行く事は無いので、観に行こうかしら?

« 2015年1月 | トップページ | 2015年7月 »