2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018.09.27

大震災に学ぶ7~札幌市民防災センター見学~

日時:9月22日(土)13:00~
場所:札幌市民防災センター
住所:札幌市白石区南郷通り6丁目北...
主催:北海道難病連札幌支部

東日本大震災後から毎年行われている「大震災に学ぶ」が今年で7回に間りました。今回は札幌市民防災センターで地震を体験し、消火訓練、強風体験、水害・地すべり・土砂崩れ・都市型災害は映画を見ました。

消火するときは近づいて行うと跳ね返ってくるので、出来るだけ離れて行う。
強風は30メートルと20メートルに分かれて体験しました。30メートルは口を開けられませんでした。

地震は震度6と震度7の二つに分かれて体験しました。
震度6は阪神淡路大震災の時の揺れで、震度7は札幌市で想定されている揺れを体験しました。
台所で火を使っているときに大きな地震が来たら、すぐに火を消そうとするとお鍋が落ちてやけどをするので、ガスの火を消す、ブレーカーを落とすなどは揺れが収まってから行います。

映画では日本各地で起こった災害が映し出されます。
地すべりが怖かった。
都市型災害では大雨が映し出されて、日常通っている場所でも車で走っていると周りが見えないし、景色が変わっています。

水害や地滑りなどはいきなり急に来ませんから、天気予報をよく聞くようにしたほうが良いですね。

2018.09.11

心の癒し

Dsc06879
9月6日午前3時に発生した地震で止まっていた電気と水道が復旧してから、生活が落ち着いてきつつあり、体の疲れが取れてきたら、心が疲れているのに気が付きました。
そこで一眼レフカメラを持て家の周りを一回りして写真を撮ってきました。
ファインダーをのぞき、焦点を合わせる四角い窓に集中した瞬間にシャッターを切ります。
10枚くらい撮っていると癒されてスッキリしました。
一昨日は夕食後に生活の木のオリジナルブレンドのハーブティーを頂いてほっとしました。

心のお手当は大切です。

2018.09.10

災害時の明かりの確保

Photo


停電になると明かりを確保するためのいくつかある方法の一つを紹介します。
懐中電灯を上に向けます。
その上に水を入れたペットボトルを置きます。
光が乱反射して、明るくなります。
この方法、気に入りました。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »