2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018.10.28

札幌支部研修会(2018年度)

Photo

日 時:2018年10月28日(土)10:00~
会 場:北海道難病センター 3階 会議室
住 所:札幌市中央区南4条西10丁目
テーマ:「災害時における家庭での対処法」
講 師:・西村淳氏
     ・ホーマックによる災害時に便利な商品の紹介
分科会:住まいがマンションの人、それ以外の人
懇親会:
主催者:北海道難病連札幌支部

毎年開催される支部研修会、今年のテーマは9月に発生した地震を受けて「災害時における家庭での対処法」にし、『身近なもので生き延びろ』の著者である「南極料理人」の西村淳氏にご講演を依頼し、実現しました。
西村氏の言葉で心に残ったのは、「立ち止まる、もどる、あせらない。」「力は70%だし、3割は残す。」「知恵は無尽蔵。失敗の繰り返し、失敗すればやり直す。やり直しのできない失敗はない。工夫する力。工夫して生きる」です。
控えめなお人柄にも感銘を受けました。

午後からは分科会。
3つのグループに分かれて、東日本大震災以降毎年開催している「大震災に学ぶ」が役に立ったかどうか?これからの備えについて、話し合った内容を、全体で集まり発表しました。

分科会後の懇親会は、飲みねぇ、くいねぇ、しゃべりねぇの会です。
80歳近い方の民謡の踊りは素敵でした。

2018.10.17

私は私

Photo
お店の帽子とブーツのディスプレイを見て、私もこのようなのを身に着けたいなと思いましたが、アラカンの私は年齢を考えて躊躇してしまいました。

きものにこの帽子とブーツは似合うと思うんだよね。
あきらめきれないでいた時に樹木希林の動画を見ました。

「年齢を脱いで、冒険を着る。私は私。」の言葉に、私のしたいようにしようと思いました。
一度しかない人生ですもの、自分の思い道りに生きていきたいです。

2018.10.06

断水の時

Photo

断水した時の備え。
湯船の水をトイレなどの生活用水に使います。
それが無ければ、洗面器1杯くらいの水で流します。
バケツなどから水を汲むのに、柄杓が便利でした。

手や顔を洗ったりした水は、流さないでトイレ用にします。
流す水が少ないと、紙は排水管で詰まってしまいますから、使う長さがシングルで手のひらの長さ×2でしたら詰まらないかもしれません(フィリピン比)。
そうでなければ、使ったトイレットペーパーは、中が見えない袋に入れてゴミと一緒に捨てるのも一つの方法です。

飲水や調理に使うのは、ミネラルウオーターを買う方法がありますが、ペットボトルに並々水道水を入れて蓋をしまして(水が空気に触れないように)、取っておくのもいいです。
水道水は塩素消毒をしてあるますので、3日は保ちます。
一説ではもっともつようです。
家庭用浄水器を使うと、消毒に使っている塩素が抜けてしまうものがあるので、使わないようにしたほうがいいようです。

普段はその水を使って、空になったら入れておけばイイです。

2018.10.04

災害時に必要なお金

Photo
災害が起きて停電になると、お店はレジが使えないし、銀行が閉まっているので両替にも行けませんから、つり銭が無くなる時があります。
お店は商品が入荷しないので、買い物の合計金額が多額になりません。
おつりが無いように、小銭と千円札が必要になるのです。
そこで、コインケースを買い求めました。
ケースの中が一杯になったら千円札を用意しよう。


2018.10.01

CIDPの医療講演会に参加して

テーマ: CIDPの診断と治療up-to-date
日 時: 2018年9月30日(日)13:00~
会 場: TKP札幌駅カンファレンスセンター カンファレンスルーム2B
講 師: 札幌医科大学神経内科 今井富裕先生
      北海道庁 関本みちよ主幹
主 催: 全国CIDPサポートグループ

今回の医療講演会は、まず先に北海道庁で難病対策等を担当している部署の主幹が、制度と道庁の仕事を説明しました。
こうして参加してくださると、行政が身近に感じます。
北海道難病連と行政は連携して難病対策に当たっていて、行政は患者会活動の後押しをしてくださっていますので、道内の患者会は活動が活発なんです。
説明内容には、より良い患者会活動にするためのヒントもありました。

神経内科で末梢神経がご専門の今井先生は、分かりやすい説明で、面白くて、私の目のうろこが何枚か取れました。
難病情報センターホームページにある疾患の説明の所の読み方も分かったし、今後の患者会活動に生かせられます。
個人的に悩んでいたことの解決策が見えてきました。

主催者の行っていることから、講師に講演会の依頼をするときや運営のやり方が分かりました。
今年度はいくつかの準備をしているので、大変参考になりました。

色々と勉強になった講演会に参加できて良かったです。
嬉しくなったので帰りはデパ地下によって高~い牛肉(半額だった)を買い求め、夕食はすき焼きにしました。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »