2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018.12.31

『こんな夜更けにバナナかよ』

私も観てきました『こんな夜更けにバナナかよ』。
ロケ地はほぼ札幌ですので、市電はラッピング車が走ったり、ロケ地マップが観光案内書に置いてあったり、上映が始まった日はテレビ塔がバナナ色にライトアップされたりと、全市を上げて応援しています。
この本は北海道新聞社から10年以上前に発売になり、文庫本になって再版され、映画化になりました。
道新から発売になったばかりの時、主人公の鹿野さんのボランティアに入っていた人と会い、本のことを熱く語っていたな。
その時は他人事のように聞いていましたが、数年後に、難病の世界に足を踏み入れるとは、考えてもみませんでした。人生何があるか分かりません。...
厚労省に「我が事まるごと・・・」っていう部署があるんだよ。我が事なのよ。他人事じゃないのよね。
「まるごと」っていうのは、鹿野の場合、難病、身体障害、介護と3つの分野にまたがっているわけ。そうすると縦割りでは対応が出来ないから、地域を「まるごと」なのです。

今まで祖母や障害者と接してきて思うことは、その通りだと思いました。
①人に寄りかかってはいけません。寄りかかられると苦しくなりますから、人間関係が築けません。頼るのと寄りかかるのとは違います。鹿野は自立しています。人を頼っているけど寄りかかっていません。
②障害があるからといっても、人としてどうよってことはペケです。障害の後ろに隠れるんじゃないよ。鹿野は自分のことは自分で決めています。自分の人生に責任を持っています。
③障害者はお見通しです。だから、自分を取り繕ってもバレてます。映画の中で鹿野は「もう来なくてもイイよ」と言い、美咲ちゃんが、鹿野といると楽だっていうの。自分を取り繕わなくてもいいのです。

映画でボランティアと富良野・美瑛に行くの。外でみんなが遊んでいる時、鹿野は部屋にいて窓からそれを見ているんだけど、車いすから倒れるのです。
あっ、人工呼吸器が外れたって思ったら、頭がくら~として天井が回りました。
それでも鹿野は生還しました。しかも、オチがある!!

笑いが一杯ある映画です。笑いたい時は遠慮しないで笑ってください。

『フレディ・マーキュリー 孤独な道化』

2

レスリー・アン・ジョーンズ著/岩木貴子訳『フレディ・マーキュリー 孤独な道化』ヤマハミュージックメディア、2013年

クィーンは「キラークィーン」がヒットしていた頃ラジオで聞いていた程度でしたが、映画『ボヘミアン・ラプソディ』公開前にFbのニュースフィードで予告編が上がってきたのがきっかけとなり、クィーンの魅力に取りつかれました。
映画は2回観に行って、2度目はフレディの命日(11月24日)です。

ネットで、フレディについて書かれた本は、この本が一番いいとの情報を得て、他大学にある本を予約を入れ借りました。

フレディとクィーンの略歴を紹介します。
1946年 アフリカのザンジバル(元イギリス領)で生まれる。
1955年~1963年 インド(元イギリス領)の寄宿学校に入る。
1963年 ザンジバルに戻る。
1964年 ザンジバルで革命が起き、一家はイギリスに亡命。
1966年 イーリング・コレッジ・オフ・アートに入学し、69年卒業。
1970年 ブライアン・メイ(リードギター)、ロジャー・テイラー(ドラム)、
      フレディ・マーキュリー(ボーカル)でクィーン結成。
      翌年ジョン・ディーコン(ベースギター)が加入。
1991年11月24日 フレディ他界。クィーンの活動は続く。
1997年 ジョン・ディーコン、クィーン脱退。
2006年 ブライアン、ロジャー、ポール・ロジャースが「クィーン+ポール・ロジャー」
      としてワールドツアーを行う。
2011年 クィーン結成40周年。ロンドンで「クィーン展」開催。
2018年 映画「ボヘミアン・ラプソディー」公開。5週連続前週を上回る入場者数になる。

本を読んだ感想ですが、フレディの仕事のキャリア、私生活に私の頭はくらくらしてきました。
フレディ主催の乱痴気パーティー、映画ではかなり控えめなシーンになってるわ。そのまま映像にしたらスクリーンの下半分はモザイクだね。
大きなライブになると、観客の動員数は12万人とかなんだから!
仕事上でお付き合いのあるアーティストの顔ぶれにも頭がくらくらしてくる。私でさえ知っている名前が何人も。
その一人がデヴィッド・ボウイ。
映画で使われている曲にクィーンとボウイが歌っている「アンダー・プレッシャー」は両者で曲を作ったんだー!

ハチャメチャなフレディを理解し受け入れたのは、クィーンのメンバー、メアリー・オースチン、ジム・ハットン、バーバラ・ヴァレンティン。これだけいるから、フレディの人生は短かったけど、良かったと思うんです。

フレディの両親はパールシー教(ゾロ・アスター教)ですが、フレディ自身は信仰していなくて、死の直前にキリスト教に改宗しました。。葬儀はパールシー教で行われました。パールシー教は風葬なのですが、イギリスでは出来ないから火葬し、遺灰はサリー州のブルックウッド墓地かも知れません。

2018.12.21

半襟2枚重ね

Photo
白い半襟の上に、赤字に黒いレースが付いた半襟をずらして重ねてみました。
このようなコーデもイイかもね。

反対に、赤と白の半襟を逆に使って、赤の上に白を乗せて、赤をチラッと見せるのもアリかも。

2018.12.06

道史学習サークル200回記念講演会「北海道150年と私たち」

日 時:2018年12月5日(水)14:00~16:00
場 所:放送大学北海道学習センター6階中講義室
テーマ:北海道150年と私たち
講 師:ジャーナリスト 外岡秀俊 氏
主 催:道史学習サークル

開会の言葉のあとに、サークル代表の成田さん、来賓の放送大学北海道学習センター所長 新田先生の挨拶がありました。
あいさつの後は、道史学習サークルの今までの歩みを振り返ります。
2004年から始まった同サークルは、毎月一度の例会と年1~2回の見学会を行っています。

200回になる今月は、北海道と名付けられて150年。それで、今日の講演会の開催になりました。
企画が良かったからでしょう。講義室には空席が無いくらいに参加者が来ました。

講師は元朝日新聞編集長で、在職中はニューヨーク、ロンドン、香港にもいましたので、外国から見た北海道でお話をしてくださいました。
視点が変わると、面白いです。
①札幌農学校のリベラリズム
②札幌西高校を中心とする新彫刻運動
③岩内をめぐる文学と芸術の交流

北海道を語る時に世界の航路から見ると、樺太が重要になるのです。
世界地図を中国大陸から太平洋に向かってみると、日本にアメリカ軍が駐留している理由が分かるのです。

CO2が増えている今、北海道は農業と漁業で生き残るだろう。なぜならCO2は植物のご飯だから。

色々なお話を聞けて大変充実した講演会でした。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »