2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019.04.27

ナカヤのアップルパイ&かりんとうまんじゅう(砂川市)

Photo_13

砂川は市民が頑張っている所なんです。
その一つが「ナカヤ」です。
アップルパイが有名で、油断をして開店直後に行けないと長蛇の列ができます。
今回は開店と同時に入店しましたので、2番目の客でした。

Photo_14
Photo_15

 

前回は売り切れていた「かりんとうまんじゅう」があり、初めて食べました。
外側がかりんとうで、中がこし餡です。
めっちゃ美味しいわ(^^♪

お店の向かいにあった、小さくてかわいいポストの写真もアップしますね。

Photo_16

いわた書店(砂川市)

Photo_11

一万円選書で有名な「いわた書店」に行ってきました。
こじんまりとしていて、居心地いいお店ですから、ゆっくり選べます。
「選んでいると嬉しい、すぐ帰ると悲しくなる」と店主がおっしゃっていました。
店主と話が出来たのが嬉しいです。

Photo_12

昨年は10冊買い、まだ2冊残っているので、今回は1冊少ない9冊を購入しました。
次回に買いに行くまでに読了します。
砂川駅から近いので、次回は列車に乗って行こうかしら?

岩瀬牧場レストランリヴィスタ&ジェラート店(砂川市)

Photo_6

砂川市の岩瀬牧場レストランリヴィスタとジェラート店に初めて行きました。
行ってみないと分からないことってあるんですね。
駐車場からレストランまでは短いのですが急な坂でした。
店内に入ると薪ストーブと犬の置物と店員さんが出迎えてくれます。
ここのお店は開店すぐに入店すると、席が空いていますが、20分位たつと待っている人の列ができます。

Photo_8
Photo_7
ピザとスパゲッティーを注文し、美味しくいただきました。次にジェラートのお店に行くので、レストランで満腹になりたくありませんので、サラダは注文しませんでした。
食後のデザートはジェラート店でアイスクリームをいただきました。
お土産にプリンを買い求めました。
Photo_10

2019.04.21

和菓子店 嘉心

Cimg1226

店名:嘉心(かしん)
住所:札幌市中央区南2条西10丁目2-20

和菓子の老舗だそうです。
美味しいと評判ですので、買い求めました。
づくめ団子、くるみゆべし、胡麻小鼓 の3品です。
づくめ団子は、箱の中の胡麻に団子が埋もれていました。
残った胡麻は冷蔵庫に入れて、ほうれん草の胡麻和えに使います。

評判通り、とっても美味しい和菓子でした。

 

2019年度第1回難病医療相談会(CIDP)

日にち:2019年4月20日
時 間:13:00~16:15
会 場:北海道難病センター3階大会議室

年4回開催されている札幌市主催で難病連が企画運営を行っている、難病医療相談会で6~7年ぶりにCIDPが取り上げられました。
これを機会に同病の患者・家族で交流を行おうと思い、11時から難病センターの団体活動室でお弁当と持ち寄ったお菓子を食べながら行いました。
参加者は9人です。
同病者同士って共感できるものがあるので、楽しくおしゃべりが出来ました。
相談会の時間が近づいてきたら、難病連の職員が呼びに来てくださって、場所の移動をしました。
時間を忘れておしゃべりをしていました。

第1部は講演会で、札幌医科大学の今井先生による「CIDPに対する免疫グロブリン静注療法について」で、半年たてば医療は進むのだと驚き、疾病の丁寧な説明に感銘を受けました。続いて、北海道医療大学の近藤先生による「音楽を療法的に活用するとは?」で、音楽な脳に働きかけ、リズムと旋律がポイントです。日ごろ経験していることが、どのような事なのか分かり、納得しました。
最後に北海道医療ソーシャルワーカー協会理事の清野さんから、病院にある相談室にいるソーシャルワーカーの仕事内容と制度の説明がありました。
参加人数は40名近くになり、支援者や一般の方が多かったです。

第2部は先生方を交えて患者・家族を対象とした相談会です。
先生は出された質問にお答えしてくださり、講演内容の補足説明になりました。

時間になり終わりましたので、第1部で講師の先生方と午前中に交流会に参加した人たちとで記念写真を撮りました。
充実した1日を過ごせて、本当に幸せでした。

2019.04.19

ベジトマトヌードル

Photo_5

初めて入ったお店で美味しいものをいただきました。
その名も「ベジトマトヌードル」。
コレ、ラーメンなんです。
ひき肉みたいなのは大豆製品だわ。

お店の名前は「福の樹」。

お客にムスリマ(イスラーム教の女性)数人のグループがいました。
イスラーム教は戒律があって、豚系は食べない、他の動物系は規定された通りに処理したもの(ハラル)でなければ食べられないので、日本で暮らしていてもラーメンが食べられないのです。
豚骨スープがペケだし、鶏がらスープも一般的に売られている鶏がらがペケだし。
ココのお店は、ハラル承認の鶏がらを使っているとのこと。
これなら食べられます。

 

 

 

 

講演会『理学療法の基礎知識』

 

昨年11月に開催した講演会が好評でしたので、第2弾を開催しました。

日時:4月13日(土)14:30~16:00
会場:北海道難病センター3階大会議室

参加者は前回よりも多少少なかったですが、会員以外の人8名の参加がありました。
前回参加した人が他の人に伝え、その人がまた他の人に伝えたりと、口コミで広がっていたのが嬉しいです。
他の患者会からの参加は、前回は一団体だったのが、今回は2団体からです。
こうして広がりを見せているのも、講師の先生のおかげです。
ご講演を引き受けてくださって本当にありがたいです。
今回の講演を次につなげていけるようにしたいです。

2019.04.18

2019年度「あすなろ会」総会

今年度の総会は、4月13日(土)13:00~、北海道難病センター3階大会議室で行いました。

12:30~ 受付開始
13:00~ 総会開始
14:00  閉会

昨年度の活動報告、会計報告、今年度の活動案、会計予算案が多少の修正をして承認になりました。

昨年度は、思いついたことをやってみる年でした。
やってみながら今後は「療養」で企画を立てることになりました。
そのはじめは、理学療法の講演会で、年3回発行になる会報は「栄養と料理」を連載します。

ただ一つ残念だったのは、パンフレットが総会に間に合わなかったことです。
最終稿を印刷して出席者に見せました。

パンフレットが出来たことですし、広報に力を入れましょうか。

2019.04.15

パンフレット完成

Photo_4thumb1
『個人参加難病患者の会「あすなろ会」』のパンフレットが出来上がりました。
難病や障害を抱えていても、趣味を持って楽しんでいる人がいるし、
会社勤めをしている人がいるし、
子育てしている人がいるし、
社会とのつながりを持っている人がいるし。
だから、パンフレットは明るくしました。
パンフレットに描かれている絵は、身近にあるものです。
眺めていると、半径500メートル以内の(手が届く)幸せを追求していこうかなと思いました。

2019.04.08

入学者の集い

Photo_3

4月6日(土)午後から、放送大学 北海道学習センターの入学者の集いが行われました。

北大のフロンティア応用科学研究棟のレクチャーホールで開催された後は、学習センターで茶話会です。
このホール、出来たばかりの頃、池内恵先生が講師の一人だったシンポジウムがあったとき、行った事あります。
出来立ての香りがプンプンしていました。

その後は会場を学習センターの講義室に変えて、茶話会です。
サークルの紹介のあとは、各テーブルごとに在学生(私も)が入って、新入学者と雑談をしました。
来た人は20~30人くらいでしょうか。

受付の手伝いをしたのは数回ですが、今回は今までで一番楽しかった。

2019.04.03

立って着物をたたむ方法

着物をたたむときは、広げるので場所を取ります。
以前、知り合いから、裾からたたむ方法を教えてもらいました。
あまり広げないで済むので、この方法でたたんでいましたが、多少の億劫感があります。

ですが、立ってたたむ方法がYoutubeにありました。
これなら着物をたたむのが億劫になりません。
動画を見ながらたたんでみると、すぐにできました。

 

2019.04.01

新元号の発表

Photo_2

新元号が発表になりました。

エイプリルフールの日に発表になるのですから、翌日、「うっそぴょ~ん。ホントはこっちだよぉ~ん」って再発表になると面白いのになと思って今したが、そうなりそうもありません。

13時半ころには読売新聞が号外を配っていました。

平成になったときは領収書等の書き換えの為に使うハンコが売れたというのに、私のパソコンは「れいわ」と打つと「令和」と出てきます。
漢字の登録をしなくてもいいんですよ。
時代は進んでいますね。
私にとって激動だった平成が終わり、成熟する令和にしたいです。

続きを読む "新元号の発表" »

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »