2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019.06.26

井上ひさし『欲シガリマセン欲しがります』

Cimg1313

井上ひさし、こういうのを書いているんだね。
この本は、学習相談日に行ったら、先生から紹介された本です。アマゾンで買いました。大学教員が紹介した本が22円とは、悲しくなりました。
OPACで検索したら、放送大学附属図書館にあったんですから。先にこちらを見ていたら、悲しくならずに済んだのに。。。...

この本は社史から戦時中の様子を拾っていったものです。
おなかがすいたら食べるものが欲しくなるでしょ。
仕事をするのにもモノが必要でしょ。
電話、電報など通信は軍や官公庁が優先で一般の人は我慢なんだけど、何かにつけて必要でしょ。
船は徴用されるし魚雷などで壊れるから輸送手段は鉄道になるんだけど、災害や空襲で補修がままならない。
出版社は発行していた雑誌は休刊になり、全集は途中でおしまい。
女子学習院のやんごとないお嬢様たちの疎開先では、紙にケーキなど、食べたいものを描いて見せやっこしていた。
玉音放送前後の食事は、気の毒としか言いようがありません。

「欲しがりません、勝つまでは」の言葉の裏は「欲しがります、いつまでも」になるのです。

2019.06.19

放送大学で勉強しよう

Cimg1314

今週発行のAERAに「放送大学に救われた7人のいま」の記事が3ページにわたって掲載されています。
高校卒業していなくても放送大学で16単位取れば全科履修生になり、卒業して学士を取るって方法もあるんです。
学費は他大学の三分の一以下。履修した科目の単位数の学費を支払えばいいから、何年かかろうが卒業までの単位取得にかかる学費は変わりません。

学校に行くのがつらかったら、行かなくてよろしい。...
辛い所に行くから死にたくなるのです。
そんなところに行くよりも、家で勉強していたほうがいい。
そして、AERAに登場している人たちのように、自分の足で自分の人生を歩んでほしい。

放送大学はセーフティーネットです。

2019.06.18

「あすなろ会」会報169号

Photo_29

『個人参加難病患者の会「あすなろ会」』の会報が出来上がりました。
今回から裏表紙を変えました。
少なくとも今年度中、これで行くことにします。毎回描いていたら担当者が大変だからね。
1年間の連載「栄養の基本」が始まりました。札幌医科大学附属病院の管理栄養士さんの寄稿です。
平成は昭和の後半より低栄養です。...
食事を見直そうとするときに、栄養の基本的な事を知っているのと知らないのでは違います。
「あすなろ会」は、一つの疾患で患者会が組めないか、あっても北海道で活動していない疾患の患者家族が入る患者会です。
疾患数は30以上あります。ですから、疾患についての最新情報が載せられませんので、闘病記とその疾患の解説を毎号掲載しています。
これは会員が一番喜んでいる記事です。こんなに喜ばれると思いませんでした。
今回は、10月に難病医療相談会で取り上げられる、神経線維腫Ⅰ型です。
4月に完成したパンフレットを会報に貼りました。
パンフレットの評判は上々なので安堵しています。

「あすなろ会」の会報は、充実していると自負しています。
編集している人が「いい」と思うものでなければ、自信をもって会員に見せられないでしょ。
会員は年会費を払って運営を支えているのだから、少しでも還元できるものがあればと思い、会報の編集をしています。

 

2019.06.12

支えあう人と人

 

砂川市にある、一万円選書で有名な「いわた書店」店主のおすすめの本に、8月4日開催の全道集会で講演される渡辺一史氏著『こんな夜更けにバナナかよ』と『なぜ人と人は支えあうのか』がありました。「完璧な人間なんていないんで、合わせてて読むことをお勧めします。」と店主は語っています。(YouTubeより)

『こんな夜更けにバナナかよ』の映画は観に行きました。やっぱり本も読んだほうがいいね。二冊とも。。。

2019.06.09

面接授業「医療福祉論」

Photo_28

先月は放送大学北海道学習センターで、面接授業に出ました。
面接授業って、スクーリングです。
放送大学は、放送授業の科目履修ではスクーリングがありませんが、別科目であります。
これが結構楽しみなんです。

着物を着ていったら、もう一人着物の人がいました。
私は服を着ると肩こりが酷くて、着物を着用していますが、その方は外反母趾が酷くて靴が履けないから草履を履いて着物を着ているそうです。
二人とも、自分の体調に合わせた服装なんですね。

肝心の講義ですが、患者さんの背景って大事ですね。
それによってやり方が変わってきます。
主人公は患者さんですから、当然ですよね。
まるでテレビで放送になってた「ドクターG」のようでした。

2019.06.02

角帯で袴

 

Photo_27  わたし、身幅があるんです。
 袴を着るときは、たいてい半幅帯でリボン結びをしてた所で
 袴を支えるって感じできるんです。
 そうすると、私の身幅は2倍、3倍になるんです。
 そこで、男性用の角帯を使えばいいかもしれないと思いつき、
 試してみました。
 うん。
 これならいいわ。

 フラッシュたかないで写真を撮ったら
 ちょっと暗くなりました。
 室内で撮る時は日中もフラッシュが必要ですね。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »