2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2022年9月 | トップページ | 2023年7月 »

2022年12月

2022.12.21

自分の足に合った靴

Photo_20221221032501

 

靴屋さんの『アルファ美輝』はその人の足にぴったり合った靴のオーダーをしています。

ここで靴を作った人が、見せてくれました。
この靴を履いている人の体の状態に合わせて、インナーを斜めにし、靴底は広がっています。
とっても履きやすく、外出時の歩行が楽になったと言っていました。
身障者手帳などを持っている人は助成が使えます。

アルファ美輝では、既成の靴の加工もしています。
インナーを変えるだけ、靴下を変えるだけでも違うのだそうです。

2022.12.15

「HSKあすなろ」179号発行

179

ホントは10月に発行したのですが、ブログに書くのが遅くなりました。
個人参加難病患者の会「あすなろ会」の会報179号を発行しました。
今年度の連載は医療ソーシャルワーカーで、今回は「人間は極めて社会的な存在」です。
闘病記は、神経線維腫Ⅰ型で、疾病の説明の代わりに、修士生の会員が取り組んだ卒論「見た目問題を抱える人の身体的・精神的・社会的生きづらさに関する一考察」の要約です。
闘病記を書いた人は、卒論要約に書いてあることで自分に当てはまる箇所にマーカーをつけ、入所している施設の職員に読んでもらったそうです。
自分の事を理解してもらうのに役に立ったと言っていました。

花の名前はエクレール

Photo_20221215155501

お気に入りの生花店に久しぶりに行きました。
店内にある花を見ているだけでも満足します。
この日に買った花はエクレール。
花びらの緑と白い色に魅力を感じました。
ふわくまさんのぬいぐるみも一緒です。

クリスマスプレゼントの抽選会(なんれん札幌支部)


Photo_20221215123001

 

この2年間、チャリティークリスマスパーティーが行えませんでした。
今年も一つの会場で以前のように行うのは出来ませんので、11月発行の機関紙「なんれん札幌」でプレゼントの募集を行いました。
7商品で合計14名にプレゼントを贈る企画です。

応募総数は62名。
各商品ごとに応募はがきを分けて、商品ごとにトランプを引くようにして抽選を行いました。
当選した皆さん、おめでとうございます。
クリスマスカードと共に商品の発送をしました。

Photo_20221215123002

抽選会に参加した役員の中に、和菓子とパンを作るのが上手な人がいて、焼いたパンを持ってきてくれました。
クリスマスカードは、帯広市にあるB型作業所の「ワークサポートふれあい」に作成をお願いしました。
ふわくまさんは、抽選会の見守りの役割を果たしました。

2022.12.04

2022年度なんれんカフェ

Photo_20221204234701

 

北海道難病連札幌支部の主催で、10月15日(土)13:30~、実会場(北海道難病センター大会議室)とバーチャル会場(oViceの「あすなろバーチャル広場」)をつなげて、なんれんカフェを開催しました。感染症の蔓延により、実に3年振りです。
今回は、札幌吉本の芸人さんの、スキンヘッドカメラさん、コロネケンさん、ボンクラ亭さん、すごい高橋さん、アライヒカリさんをお招きして、お笑いライブです。ライブの後は芸人さん達を相手にじゃんけんゲームをしました。
実会場の2人、バーチャル会場1人の3人が勝ち、芸人さん達のサイン色紙が渡されました。

実会場に参加した人は、マスクをしてマイク無しで声が通る芸人さん達に驚き、大いに笑い、楽しくて面白い企画だと感想が寄せられました。
色紙が当たった人で、帰りにお店により額縁を買って色紙を入れて家に飾った人がいました。
バーチャル会場で参加した人は、地元ネタがあり、芸人さんと実会場の人とのやり取りがあったので、テレビやYouTubeで見るよりも身近だったと言っていました。

芸人さんたちは、温かくやさしい現場だったとtweetしていました。芸人さん達こそ優しい方です。プロは違うなと思いました。

実会場とバーチャル会場をつなげて、この様なイベントを開催するのは初めてですから、準備は大変でしたが、芸人さん達の芸に笑っていると、疲れがすっ飛びました。

 

« 2022年9月 | トップページ | 2023年7月 »