2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

学問・資格

2019.09.20

2019年度 放送大学北海道学習センターの文化祭

Photo_20190920212501

9月14日(土)は、北海道学習センターの文化祭でした。

5階ロビーでバザーを行っている横で午前中1時間ほど、所長がカフェを開設して、美味しいコーヒーをふるまってくださいました。所長のエプロン姿はお似合いでした。
コーヒーを飲みながらゼミが一緒だった方から、その時のゼミの先生がブログを開設したと教えてもらいました。

午後からは講演会、ステージ発表、サークル発表が6階の大講義室で行われました。
講演会は客員教授で社会保障法がご専門の片桐先生で、タイトルは「超高齢社会における住居保障―どこでだれと暮らすか」です。今の大きな課題ですので、いつもより多い参加者でした。

Photo_20190920212502

サークル発表で学友会は「第3回ビブリオバトル」を行いました。バトラーは5人です。
チャンプ本は、文京学習センターのT君が紹介した『恋文賛歌』です。この本に対するT君の熱意が票を集めました。
以前、T君は文化祭の時にビブリオバトルを紹介した展示用のポスターを作って送ってくれましたので、貼りました。それを見た学友会会長が、面白そうだからやってみようと提案をし、年2回行うようになりました。
そんなことがありましたので、T君が来たのです。

そして、そして・・・

打ち上げに行く途中、北大構内を歩いていたら、T君が本部の大橋理枝先生を見つけました。
卒研の指導に来たそうです。
30分位なら時間が取れるとのことでしたので、打ち上げにお誘いしました。

本当に充実した一日でした。

2019.06.19

放送大学で勉強しよう

Cimg1314

今週発行のAERAに「放送大学に救われた7人のいま」の記事が3ページにわたって掲載されています。
高校卒業していなくても放送大学で16単位取れば全科履修生になり、卒業して学士を取るって方法もあるんです。
学費は他大学の三分の一以下。履修した科目の単位数の学費を支払えばいいから、何年かかろうが卒業までの単位取得にかかる学費は変わりません。

学校に行くのがつらかったら、行かなくてよろしい。...
辛い所に行くから死にたくなるのです。
そんなところに行くよりも、家で勉強していたほうがいい。
そして、AERAに登場している人たちのように、自分の足で自分の人生を歩んでほしい。

放送大学はセーフティーネットです。

2019.06.09

面接授業「医療福祉論」

Photo_28

先月は放送大学北海道学習センターで、面接授業に出ました。
面接授業って、スクーリングです。
放送大学は、放送授業の科目履修ではスクーリングがありませんが、別科目であります。
これが結構楽しみなんです。

着物を着ていったら、もう一人着物の人がいました。
私は服を着ると肩こりが酷くて、着物を着用していますが、その方は外反母趾が酷くて靴が履けないから草履を履いて着物を着ているそうです。
二人とも、自分の体調に合わせた服装なんですね。

肝心の講義ですが、患者さんの背景って大事ですね。
それによってやり方が変わってきます。
主人公は患者さんですから、当然ですよね。
まるでテレビで放送になってた「ドクターG」のようでした。

2019.04.08

入学者の集い

Photo_3

4月6日(土)午後から、放送大学 北海道学習センターの入学者の集いが行われました。

北大のフロンティア応用科学研究棟のレクチャーホールで開催された後は、学習センターで茶話会です。
このホール、出来たばかりの頃、池内恵先生が講師の一人だったシンポジウムがあったとき、行った事あります。
出来立ての香りがプンプンしていました。

その後は会場を学習センターの講義室に変えて、茶話会です。
サークルの紹介のあとは、各テーブルごとに在学生(私も)が入って、新入学者と雑談をしました。
来た人は20~30人くらいでしょうか。

受付の手伝いをしたのは数回ですが、今回は今までで一番楽しかった。

2018.06.01

今期の履修科目

Photo
机の上にあるテキストです。「社会保険の~」は借りていて、科目履修は「障害を知り~」と「人口減少社会~」です。人口減少って社会保障を考えていくうえで欠かせないんです。
勉強ってつまんないなと思いつつ。。。
物事を考えるうえで基礎的な力をつけなきゃならないから必要だと分かっているんですけどね。
放送授業は面白いから助かります。

2017.11.13

1~2年後の目標

Photo
着付けのお稽古(着せる方)は、袴をしました。
ボディー相手に着せていると、私も着たくなりました。
袴は、まだ一度も来ていないんです。
袴と言えば卒業式。
放送大学は一度卒業をしたので、もうしなくてもいいと思っていましたが、袴を着るために卒業をしようかと思っています。
持っている訪問着、半幅帯、ブーツ、造花に、袴だけを借りればいいです。
袴が着れるのだと思うとワクワクしてきます。

2017.01.22

アイデェア

Photo

目が覚めた瞬間、いいアイデェアが思い浮かぶことがあります。
「あ、っそっか」と安心して再び眠りにつくと忘れているんです。
だから、枕元にメモとペンを用意しておいても、書こうと思って起き上がった瞬間忘れることもあるんです。
でも、今朝は違います。
思い浮かんでから布団の中でぬくぬくしながら、そのことについて考えていたら、忘れずに済みました。


2016.10.19

ルーズリーフとクーピーペン

Photo

戦時中に発行になった新聞を読んでいます。
小さい記事以外はワードに打って印刷をしたのを読んでいます。
ノートはルーズリーフの愛用者です。
百均のもの、罫線の入っていないもの、罫線が入っているものといろいろ使ってみました。
筆記用具は長時間書いても手が痛くならないので万年筆を使っています。
百均のルーズリーフは、細字の万年筆だったらいいのですが、中細になると裏に書いた字が映るので、百均以外で買っています。
ノートにワードで書いた文章を印刷すると、罫線の間にうまく印刷ができません。ちょっとづつズレるんです。
罫線が無い白紙ので印刷をすると、書き込みをするときに字が斜めになるんです。
今までの不都合を解消したルーズリーフを見つけたのが上の写真です。
写真のフーズリーフは罫線が薄いので、線の上に印刷した時のストレスが無いし、線があるから書いても字はまっすぐですから、快適に使っています。
印刷したのを消しゴムで消せるクーピーペンシルで線を引きながら読んでいます。3色を使っていたのですが間に合わなくなり、12色入りを買いました。色はこのくらいあったほうが良いです。

2016.07.12

現代イスラームにおける「聖戦(ジハード)」の概念とテロリズム

Photo
北星学園大学の公開講座で、東京大学先端科学技術研究センター准教授の池内恵先生の講演会がりましたので行きました。
池内先生は分かりやすく説明をしてくださいますので、理解が深まります。
会場は大学の講義室ですから、ノートを取りやすいし、
それに・・・
先生との距離が近いので2時間半、幸せでした。

インドネシア人が言っていたことで「イスラームをヨーロッパの目で見ないで、日本人の目で見てください」の言葉が頭から離れません。
東京ジャーミーの見学に行ったら、日本人がイスラームを見る時は全てがヨーロッパの見方なんだって分かりました。
オリエンタリズムなんですね。
先生の著書を読んだりして、自分の目の曇りを取ろうかと思っています。

2016.03.28

放送大学バーチャルキャンパスのオフ会

Cimg0061
Cimg0064

放送大学は通信制の正規の大学で、授業はBSで放送し在学生はネットでも視聴でき勉強をしています。
全国に居る学生のフローを目的として学長がFacebookで「放送大学バーチャルキャンパス」グループを作ってくださいました。仲間うちでは「本家」と呼んでいます。
本家の人数が増えると、目的別にグループが出来て、公認のサークルになったり、Skypeを使って勉強会を開催したりと、広がりが出てきました。
それまで一人でしたが、Facebookのグループが出来てから楽しさが加わり、放大生である自信が出てきました。

本部の卒業式は毎年NKHホールで開催され、全国から学生が集まりますので、終了後は上野でオフ会があり、今年は26日(土)でしたので、参加しました。
何時もコメントでやり取りをしている仲間同士ですので、初めてお会いしても初めてだって感じがしません。楽しくて夢のような時間です。
学部卒業生と修士修了生は一人1分、在学生は一人30秒の自己紹介。参加者は50人ほどでしたので、この時間配分で充分なんです。
自己紹介が終わってからのジャンケンゲームで、放大マスコットの「まなぴー」のTシャツをGetしました。
最後は恒例になった桜の木の下で全員の集合写真撮影です。
学長の任期はあと一年。
来年のオフ会も参加したいなぁ。